転職エージェント比較

転職エージェント解説

転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。

主な転職エージェントサービス

転職エージェント名特徴
【大手総合型】
≫リクルートエージェント一般公開している求人はもちろん、業界最大級の「10万件以上」の非公開求人を取り揃えている転職支援実績NO.1サイト。
≫doda転職希望者と企業を多岐にわたる手段でマッチングするサービスが人気です。転職のプロがユーザーの希望に合った非公開求人を紹介する[エージェントサービス]と企業から直接オファーが届く「スカウトサービス」に定評があります。
≫マイナビエージェント
業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動情報や転職ノウハウなどの情報提供を受けられる転職エージェント(若手転職に強み)
≫パソナキャリア専任キャリアアドバイザーの能力の高さと徹底した一貫サポートが充実の転職エージェント
≫アイデムスマートエージェント40年以上になる人材業界の老舗で500名超の法人営業部隊が仕事情報を開拓
【ハイクラス】
≫ハイクラス求人 ビズリーチ管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
≫キャリアカーバーヘッドハンター数600名、年収600万円以上の求人数6000件以上。ハイクラス専門の転職エージェント
≫ランスタッド世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内に117拠点、IターンUターン歓迎の求人も多数。経験豊富なプロのコンサルタントが多数在籍して初めての転職にも親身なサポートを提供。
≫JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)1988年設立、東証1部上場で豊富な支援実績を持つグローバル転職エージェント会社です。管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層向け転職サービスに定評があります。

転職エージェントのメリットとデメリット

メリット

  • 求人情報の紹介から履歴書や職務経歴書等の選考書類作成時のアドバイス、面接日の調整、採用条件・入社日のすり合わせまで無料でサポートが受けられる(→転職活動に専念できる)
  • キャリアアドバイザーと対話を進めていく中で、更に詳しく知りたいことがあってもその場ですぐに解決できる他、自分自身の強みや特性などを改めて再発見できることがある

デメリット

  • キャリアアドバイザーの能力や相性によっては半ば強引にミスマッチな転職先を紹介される可能性がある
  • 転職サイトと異なって企業と転職者との間にキャリアアドバイザーが仲介するため、転職活動に時間がかかってしまう(面談や電話・メール等のやり取り)

以上のメリット・デメリットを理解したうえで「やはり転職エージェントを利用したほうがよい」「転職エージェントを利用したい」と判断した方向けに当サイトで厳選した人気の転職エージェントサービスを紹介していますので、特長の比較・検討にご活用ください。

転職エージェントサイトの選び方のコツ

転職エージェントサービスは大手以外にも個性豊かなサービス(特定の業界に強いなど)が多数存在しているので選択肢が増えて迷うばかりとなってしまいます。

そこで初めて転職エージェントを利用する方向けに「選び方のコツ」をご紹介します。

いきなり1社に絞り込むのではなく気になった2~3社に登録してみる→複数のエージェント(担当者)を比較して相性を見極めるためです。ただしあまり登録を増やしすぎると転職者自身が混乱してしまうことがありますのでほどほどにしたほうが賢明です。

良いエージェントの4条件

  1. 話していて印象の良い人→相性が合うかどうかは実際に会ってみないとわかりません
  2. 転職先の企業について独自の情報を持っている人→希望する企業について質問しながら聞き出してみてください
  3. 業界動向や展望まで押さえている人→これらの情報はたくさんあるほど有益です
  4. アクション(動き)の速い人→面接段取りやメール連絡など

お互いに良い信頼関係を構築できるエージェントが見つかったらきっと転職活動の大きな力になってくれるはずです。

次のページへ >


≫リクナビNEXT
※全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の「実績No1」求人/転職サイト


≫転職会議
※口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト

ハイクラス求人 ビズリーチ
≫ハイクラス求人 ビズリーチ
※管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト

おすすめ記事

1

新型コロナウイルスの感染拡大が雇用に与える影響について 新型コロナウイルスの感染拡大が徐々に雇用にも重大な影響を及ぼし始めています。 当初はインバウンド(訪日客)需要の恩恵を受けていた飲食業界や観光業 ...

2

新型コロナウイルスの感染拡大が雇用に与える影響について 新型コロナウイルスの感染拡大が徐々に雇用にも重大な影響を及ぼし始めています。 当初はインバウンド(訪日客)需要の恩恵を受けていた飲食業界や観光業 ...

3

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

4

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

5

◆新型コロナウイルス前後にあたる2019年後半から2020年初頭にかけては、各業界で大手を中心に「事業の新規展開に伴う既存事業」や「人員の見直しに着手する企業」が増加して、いわゆる「黒字リストラ」が実 ...

6

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ◆人事関係者100人に聞いた「使えない中年社員の特徴」(=リストラ予備軍)についてのレポートです。 ・最も多かった「リスト ...

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術