リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

キリンが早期退職を実施、過去最高益なのにリストラ着手の裏事情(ダイヤモンドオンライン)

最近報じられた各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●キリンホールディングス(HD)が45歳以上の社員を対象に早期退職を実施することを報じたものです。10月1日から受付を開始し、希望者に面談を行って11月末に確定する見込みとのことで、2018年12月期決算で過去最高益を達成したキリンHDが業績好調にもかかわらず希望退職募集を実施することで、キリングループ内だけでなく業界にも激震が走っているようです。

このようなリストラの手法は、2019年より増加傾向にある「将来を見越して好業績のうちに先を見据えて行う『先行実施』型リストラ」とみられています。

キリンホールディングスが、45歳以上の社員を対象に早期退職を実施することがダイヤモンド編集部の調べでわかった。2018年度決算で過去最高益をたたき出したにもかかわらず、人員整理に手をつける理由とは。近年、日本企業で増加している「先行実施」型の早期退職の実態に迫る。(ダイヤモンド編集部 山本興陽)

● 45歳以上の中堅社員も対象の衝撃

キリンホールディングス(HD)と傘下のキリンビールが45歳以上の社員を対象に早期退職の募集を行うことがダイヤモンド編集部の調べで分かった。

10月1日から受付を開始し、希望者に面談を行い、11月末に確定する見込みだ。「今回の目的は、要するにバブル入社組の処理。50代でも部下を持たない人間が多く、明らかにターゲットは彼らだ」(キリンビール社員)と明かす。

キリングループにとって早期退職の募集は今年に入って初めてではない。2月には、グループで医薬品事業を担う協和キリン(当時は協和発酵キリン)が生産部門を除く45歳以上の社員を対象に早期退職の募集を行い、296人が応募したばかりだった。

磯崎功典・キリンHD社長は、いよいよ“本丸”である持株会社とキリンビールの合理化に着手したとも言える。

キリングループで飲料事業を手掛けるキリンビバレッジでも、「今後、うちでも早期退職の動きがあるようだ」(キリンビバレッジ関係者)との証言もあり、キリングループに激震が走っている。

-以下省略-

(ダイヤモンドオンライン)

【関連記事】

協和発酵キリン、希望退職に296人(日本経済新聞)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●医薬品メーカー準大手の「協和発酵キリン」が3月に募集した希望退職に296人の応募があったことを発表しました。 希望退職募 ...

2019年上半期(1月-6月) 上場企業「早期・希望退職」実施状況、17社が募集実施、業績堅調な企業も「先行型」募集へ(東京商工リサーチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ● 東京商工リサーチが2019年上半期(1~6月)の上場企業による早期・希望退職の募集状況をまとめました。人員削減を実施し ...

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラNEWS, 希望・早期退職者募集状況

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術