注目の記事 PICK UP!

三越伊勢丹HD、早期退職に173人が応募 特別損失43億円を計上(J-CAST会社ウォッチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

「三越伊勢丹ホールディングス(HD)」は11月に制度拡充を公表していた早期退職制度の募集に2017年11~12月で173人の応募があったことを明らかにしました。 この施策に伴うリストラ費用として約43億円の特別損失(退職加算金)を計上する予定とのことです。

百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)の早期退職制度に、2017年11~12月で173人の応募があった。12月21日に明らかになった。前年度の約60人から大きく増えた。これに伴い、同社は2018年3月第3四半期連結決算で、約43億円の特別損失(退職加算金)を計上する。

連結子会社である三越伊勢丹の早期退職制度の拡充を、11月から実施している。

制度見直し「従業員の選択肢を拡大する狙い」

三越伊勢丹HDは、2018~2020年の次期3か年計画の軸に、「収益体質の強化」と「事業構造の転換」を掲げている。そのうちの具体的施策として、連結子会社である三越伊勢丹の早期退職制度の拡充を先月から実施。対象年齢を、部長級で50歳から48歳に引き下げ、退職金を最大で5000万円に加算した。

同社は、12月22日のJ‐CASTニュースの取材に、「早期退職制度に、173人の応募があった」と話した。早期退職制度は以前からあったものの、「条件の見直しを行うことでより魅力あるものにし、従業員の選択肢を拡大する狙いがある」という。制度の条件は、今後も継続していく。

(J-CAST会社ウォッチ)

関連記事

  1. NECは「3000人リストラ」で生まれ変われるか 外部人材登用の一方、10月から希望退職実施(東洋経…

  2. 11月有効求人倍率は25年ぶり高水準、失業率3.1%に上昇(ロイター)

  3. 不採算4店舗、縮小や閉鎖など検討…三越伊勢丹(読売新聞)

  4. ニコン、グループ全体の構造改革を発表、デジカメは高付加価値製品に注力(ライブドアニュース)

  5. みずほ1万9千人削減へ…店舗集約、IT強化(読売新聞)

  6. 求人倍率、1.43倍に改善=25年ぶり高水準、失業率3.1%―12月(時事通信)

  7. 元・東証・名証2部上場の郷鉄工所、自己破産申請へ(帝国データバンク)

  8. 丸栄、上場廃止へ=名古屋の老舗百貨店(時事通信)

  9. 「AIに仕事奪われる」が現実に 3メガ“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐…

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP