注目の記事 PICK UP!

三越伊勢丹HD、早期退職に173人が応募 特別損失43億円を計上(J-CAST会社ウォッチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

「三越伊勢丹ホールディングス(HD)」は11月に制度拡充を公表していた早期退職制度の募集に2017年11~12月で173人の応募があったことを明らかにしました。 この施策に伴うリストラ費用として約43億円の特別損失(退職加算金)を計上する予定とのことです。

お金の教養が身につく「@SEM!NAR(アットセミナー)」

百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)の早期退職制度に、2017年11~12月で173人の応募があった。12月21日に明らかになった。前年度の約60人から大きく増えた。これに伴い、同社は2018年3月第3四半期連結決算で、約43億円の特別損失(退職加算金)を計上する。

連結子会社である三越伊勢丹の早期退職制度の拡充を、11月から実施している。

制度見直し「従業員の選択肢を拡大する狙い」

三越伊勢丹HDは、2018~2020年の次期3か年計画の軸に、「収益体質の強化」と「事業構造の転換」を掲げている。そのうちの具体的施策として、連結子会社である三越伊勢丹の早期退職制度の拡充を先月から実施。対象年齢を、部長級で50歳から48歳に引き下げ、退職金を最大で5000万円に加算した。

同社は、12月22日のJ‐CASTニュースの取材に、「早期退職制度に、173人の応募があった」と話した。早期退職制度は以前からあったものの、「条件の見直しを行うことでより魅力あるものにし、従業員の選択肢を拡大する狙いがある」という。制度の条件は、今後も継続していく。

(J-CAST会社ウォッチ)

お金の教養が身につく「@SEM!NAR(アットセミナー)」

関連記事

  1. バーバリーなき三陽商会、リストラばかりで先細りの懸念(ダイヤモンド・オンライン)

  2. 東芝、損失7000億円計上へ…債務超過に(読売新聞)

  3. 「非正社員数を減らした」300社ランキング 正社員転換やリストラなどが上位に混在(東洋経済オンライン…

  4. ニコン、7年ぶり赤字転落 デジカメ不振でリストラ進む(朝日新聞デジタル)

  5. JDI、1100億円の金融支援要請=革新機構が債務保証(時事通信)

  6. 三越伊勢丹 40~50代の早期退職促進へ 退職金積み増す(NHKニュース)

  7. 東芝大惨状 子会社でパワハラ、相次ぐリストラで取引先は激減…企業改革の人材募集も(ZAKZAK)

  8. 退職を考えたきっかけ ベスト3は?(ITmedia ビジネスオンライン)

  9. 三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに(読売新聞)




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP