注目の記事 PICK UP!

三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに(読売新聞)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●メガバンク(みずほ・三菱UFJ)に続いて三井住友の人員効率化に関する記事です。三井住友フィナンシャルグループ(FG)は事務作業の効率化を進め、2020年度までに4000人に相当する業務量を減らし、浮いた人員の半分程度を、資産運用の相談業務など成長分野に充てる方向で検討していることが明らかになりました。いよいよ3大金融グループが大規模なリストラに動き始めました。

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は事務作業の効率化を進め、2020年度までに4000人に相当する業務量を減らし、浮いた人員の半分程度を、資産運用の相談業務など成長分野に充てる方向で検討していることが分かった。

残りは新規採用の抑制や定年退職による自然減により、減らす方向で検討している。三井住友FGの人員は現在、7万7000人いる。4000人分の業務量は、約5%に相当する。

業務の見直しで事務作業が減る分、店舗では資産運用などの相談ビジネスを業務の中核に据える。高齢化の進展と公的な年金制度に対する不安から、きめ細かな資産運用に対する需要は今後、一段と高まるとみられるからだ。

業務の効率化で浮いた人員の半分程度については、こうした成長が期待できる分野に充てる。成長分野が想定よりも伸びた場合は、振り向ける人員を増やす可能性もある。

(読売新聞)

関連記事

  1. 飛ぶように売れていたバーバリーを失った三陽商会、深刻な事態突入…大量リストラ&閉店(Business…

  2. 三越伊勢丹、新体制スタート 課題は人件費、リストラ不可避か(産経新聞)

  3. 金融庁が銀行の人材紹介を明文化、リストラ人員押し付け懸念も(ロイター)

  4. シャープ、東芝……希望退職の「割増金」はいくらが相場か(プレジデントオンライン)

  5. NECは「3000人リストラ」で生まれ変われるか 外部人材登用の一方、10月から希望退職実施(東洋経…

  6. アパレル大手ワールド、大リストラの次の宿題は?(Yahooニュース)

  7. 日航の整理解雇、元客室乗務員の逆転敗訴が確定(朝日新聞デジタル)

  8. 短期間に2度の退職金で合計3000万円も…外資系企業で見かけるリストラ長者とは?(日刊SPA!)

  9. 「非正社員数を減らした」300社ランキング 正社員転換やリストラなどが上位に混在(東洋経済オンライン…

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP