注目の記事 PICK UP!

三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに(読売新聞)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●メガバンク(みずほ・三菱UFJ)に続いて三井住友の人員効率化に関する記事です。三井住友フィナンシャルグループ(FG)は事務作業の効率化を進め、2020年度までに4000人に相当する業務量を減らし、浮いた人員の半分程度を、資産運用の相談業務など成長分野に充てる方向で検討していることが明らかになりました。いよいよ3大金融グループが大規模なリストラに動き始めました。

お金の教養が身につく「@SEM!NAR(アットセミナー)」

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は事務作業の効率化を進め、2020年度までに4000人に相当する業務量を減らし、浮いた人員の半分程度を、資産運用の相談業務など成長分野に充てる方向で検討していることが分かった。

残りは新規採用の抑制や定年退職による自然減により、減らす方向で検討している。三井住友FGの人員は現在、7万7000人いる。4000人分の業務量は、約5%に相当する。

業務の見直しで事務作業が減る分、店舗では資産運用などの相談ビジネスを業務の中核に据える。高齢化の進展と公的な年金制度に対する不安から、きめ細かな資産運用に対する需要は今後、一段と高まるとみられるからだ。

業務の効率化で浮いた人員の半分程度については、こうした成長が期待できる分野に充てる。成長分野が想定よりも伸びた場合は、振り向ける人員を増やす可能性もある。

(読売新聞)

お金の教養が身につく「@SEM!NAR(アットセミナー)」

関連記事

  1. 銀行のAI失業 エリートが担う中枢業務こそAIの得意分野(NEWSポストセブン)

  2. ローパー退職勧奨、指南ビジネス広がる 複数の人材会社(Yahooニュース)

  3. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が中止求め、労働局に申し立て(弁護士ドットコムニュース)

  4. <東芝リストラ>原子力事業の早期退職対象外への怒りと不満(Yahooニュース)

  5. それでも東芝が原子力部門を切れない「特別な事情」 背後に経産省とアメリカの影が見え(現代ビジネス)

  6. 法人税減免「JAL」が役員報酬2.5億円増の鉄面皮(デイリー新潮)

  7. 日立工機買収 従業員、リストラ懸念(茨城新聞クロスアイ)

  8. 出向社員に劣悪待遇 パソナ子会社「追い出し部屋」の実態(ライブドアニュース)

  9. マック、今期131店を閉鎖 100人の希望退職も…全役員の報酬カット 最大の赤字で改善策発表(産経ニ…




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP