注目の記事 PICK UP!

事務機器メーカー、リストラ相次ぐ…需要低迷で(読売新聞)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●リコーや富士ゼロックスなどの大手事務機器メーカーが複写機事業が不振なため相次いでリストラを進めていることを報じたニュースです。

 

コピー機など事務機器のメーカーが、主力の複写機事業の不振で相次いでリストラを進めている。

リコーは2017年度に5000人超を、富士ゼロックスは17年度以降に1万人を削減する見通しだ。オフィスのデジタル化による需要低迷で競争が激化し、事務機器の販売価格や保守料金が下がったことが背景にある。

リコーの山下良則社長は2月の記者会見で「成長を妨げる全ての要因に手を打ってきた」と述べ、経営改善への取り組みを説明した。

今期の連結業績見通しは、本業のもうけを示す営業利益が前年比41%減の200億円を予想する。厳しい業績の中で、人員削減を進めており、正社員数はピーク時の約11万人から、3月末に10万人を下回る見込みとなった。経営基盤の強化に向け、物流子会社の売却と北米子会社の価値を見直して数百億円規模の減損を計上することの検討に入った。

(読売新聞)

関連記事

  1. 「新生シャープ」改革は人材難に直面、シャープを去った社員は6000人超(THE PAGE)

  2. 三越伊勢丹が猛烈リストラ、バブル入社組に破格の早期退職金も(ダイヤモンドオンライン)

  3. 三越伊勢丹「恐怖の追い出し部屋」でいま起きていること 前社長派は戦々恐々…(現代ビジネス)

  4. パワハラで幹部降格、混迷深まる三越伊勢丹 中計発表前に、不協和音ばかり聞こえてくる(東洋経済オンライ…

  5. 中部証券金融、自主廃業へ 正社員16人は全員解雇(朝日新聞デジタル)

  6. 三越伊勢丹、新たに5店舗リストラ…札幌や新潟(読売新聞)

  7. 銀行のAI失業 エリートが担う中枢業務こそAIの得意分野(NEWSポストセブン)

  8. スマホの普及で受注減少、(株)ダイナテックが破産申請へ(東京商工リサーチ)

  9. 嘆く東芝従業員 1年で年収200万円減も…(AERA)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP