注目の記事 PICK UP!

大正製薬、40歳以上の早期退職者募集 「持続的成長」が狙い(ITmediaビジネスオンライン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●大正製薬ホールディングス(HD)は5月14日、一部を除くグループ企業から早期退職者を募集すると発表しました。
具体的な早期退職実施内容は
・対象は勤続10年以上かつ40歳以上の従業員約3000人で、部長級以上の役職者は対象外
・7月1日~8月10日にかけて退職希望者を募集し、9月末~12月末にかけて順次退職となる予定
・退職希望者には、通常の退職金に役職・勤続年数に応じた金額を上乗せして支給する
・外部のキャリアコンサルタントを雇用し、退職希望者の再就職支援も行う
とのことです。
ただ大正製薬ホールディングス(HD)は同日発表した2018年3月期の連結決算で増収増益にもかかわらずリストラを実施することについて「今の段階から持続的な成長を図るため、早期退職者の募集に踏み切った」と説明しています。以前に、製薬業界では「成熟産業化したことによる産業構造の変化」により結果的にリストラが発生する、いわゆる「産業構造のシフトによるリストラ」が加速するとの見解記事を紹介しましたが、今回の大正製薬のケースもこれに該当するものと考えられます。

大正製薬ホールディングス(HD)は5月14日、一部を除くグループ企業から早期退職者を募集すると発表した。対象は勤続10年以上かつ40歳以上の従業員約3000人で、部長級以上の役職者は対象外。7月1日~8月10日にかけて退職希望者を募集し、9月末~12月末にかけて順次退職となる予定。

退職希望者には、通常の退職金に役職・勤続年数に応じた金額を上乗せして支給する。外部のキャリアコンサルタントを雇用し、退職希望者の再就職支援も行う。応募者数と退職金総額の予想値は非公開。

同日発表した2018年3月期の連結決算は、売上高が2801億円(0.1%増)、営業利益が370億円(15.7%増)、最終利益が317億円(10.1%増)と増収増益だった。

だが同社は「今の段階から持続的な成長を図るため、早期退職者の募集に踏み切った」(コーポレートコミュニケーション部)と狙いを説明する。

退職金の増額分と再就職支援費用は、19年3月期に特別損失として計上する予定。同社は「この施策を機に、新たなキャリアに踏み出したい人材を応援したい。ただ、8月以降も退職金の募集を行うかは未定」(同)としている。

19年3月期の通期業績は、売上高が2690億円(4.8%減)、営業利益が330億円(10.8%減)、最終利益が555億円(75.2%増)を見込む。「ゾシン」「クラリス」といった医療用医薬品の減収が予測される一方、関連会社の富山化学工業の全株式を富士フイルムホールディングスに売却するため。

(ITmediaビジネスオンライン)

関連記事

  1. 「クビになってほしい人」の特徴ワースト20。アナタは大丈夫?(女子SPA!)

  2. 三越伊勢丹、「大量バブル入社組」の人件費が経営圧迫…約1千人削減計画も失敗の様相(Business …

  3. 三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに(読売新聞)

  4. 11月有効求人倍率は25年ぶり高水準、失業率3.1%に上昇(ロイター)

  5. 大日住薬、生産部門の早期退職に86人が応募(時事通信社)

  6. リストラの外堀は埋まった セブン新体制、次はヨーカ堂改革(ライブドアニュース)

  7. 50代のオジサンでも必要とされるためには(BLOGOS)

  8. “リストラ担当”が自殺か 大塚家具が大混乱で士気低下危機(日刊ゲンダイDIGITAL)

  9. ニコン、7年ぶり赤字転落 デジカメ不振でリストラ進む(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP