リストラNEWS リストラ関連NEWS

平成24年3月上場廃止のリラエンタープライズ(株)が破産開始決定(東京商工リサーチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●中小零細業者を対象とした担保金融業務を行っていたリラエンターブライズ(株)が業績悪化に伴い6月5日に破産開始決定したことを報じたニュースです。貸金業規制法改正の改正によるグレー金利撤廃などによる影響で急速に業績が悪化し希望退職者募集などリストラ等も行って経営の立て直しを図ってきましたが業績回復が見込めず平成24年3月には上場廃止となっていました。

[s_ad]

リラエンタープライズ(株)(TSR企業コード:010108432、法人番:3430001023904、札幌市中央区北5条西25-4-1、設立昭和36年2月、代表:中山高史氏)は7月11日、東京地裁へ破産を申請し7月20日、破産開始決定を受けた。破産管財人には奥田洋一弁護士(森・濱田松本法律事務所、東京都千代田区丸の内2-6-1、電話03-5223-7718)が選任された。
負債総額は約2億8800万円。

東京都杉並区にて丸産業(株)として設立。昭和38年6月、札幌市内に移転し39年2月、中小零細業者を対象とした担保金融業務を開始した。その後、商号を数回変更し、63年12月にアース(株)となった。平成9年9月、札幌証券取引所に上場し、以降は業容を拡大して11年3月期には売上高43億6468万円を計上していた。

しかし、貸金業規制法改正の改正によるグレー金利撤廃などで、過払い利息返還請求が増加するなど消費者金融業を取り巻く環境が激変。経営合理化のため18年9月、全有人支店の廃止および希望退職者を募集し11月、消費者金融事業を縮小し19年8月、投融資事業を開始した。21年3月期の売上高は10億1478万円に低下するなど、業績が低迷するなか、24年3月には時価総額が3億円未満の基準に抵触したことで上場廃止となっていた。

(東京商工リサーチ)

[s_ad]

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラNEWS, リストラ関連NEWS
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術