注目の記事 PICK UP!

平成24年3月上場廃止のリラエンタープライズ(株)が破産開始決定(東京商工リサーチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●中小零細業者を対象とした担保金融業務を行っていたリラエンターブライズ(株)が業績悪化に伴い6月5日に破産開始決定したことを報じたニュースです。貸金業規制法改正の改正によるグレー金利撤廃などによる影響で急速に業績が悪化し希望退職者募集などリストラ等も行って経営の立て直しを図ってきましたが業績回復が見込めず平成24年3月には上場廃止となっていました。

お金の教養が身につく「@SEM!NAR(アットセミナー)」

リラエンタープライズ(株)(TSR企業コード:010108432、法人番:3430001023904、札幌市中央区北5条西25-4-1、設立昭和36年2月、代表:中山高史氏)は7月11日、東京地裁へ破産を申請し7月20日、破産開始決定を受けた。破産管財人には奥田洋一弁護士(森・濱田松本法律事務所、東京都千代田区丸の内2-6-1、電話03-5223-7718)が選任された。
負債総額は約2億8800万円。

東京都杉並区にて丸産業(株)として設立。昭和38年6月、札幌市内に移転し39年2月、中小零細業者を対象とした担保金融業務を開始した。その後、商号を数回変更し、63年12月にアース(株)となった。平成9年9月、札幌証券取引所に上場し、以降は業容を拡大して11年3月期には売上高43億6468万円を計上していた。

しかし、貸金業規制法改正の改正によるグレー金利撤廃などで、過払い利息返還請求が増加するなど消費者金融業を取り巻く環境が激変。経営合理化のため18年9月、全有人支店の廃止および希望退職者を募集し11月、消費者金融事業を縮小し19年8月、投融資事業を開始した。21年3月期の売上高は10億1478万円に低下するなど、業績が低迷するなか、24年3月には時価総額が3億円未満の基準に抵触したことで上場廃止となっていた。

(東京商工リサーチ)

お金の教養が身につく「@SEM!NAR(アットセミナー)」

関連記事

  1. 追い出し部屋訴訟、社員の勝訴確定 大和証券に賠償命令(朝日新聞デジタル)

  2. 中堅コンビニエンスストアのスリーエフ 180人の早期退職募集に対して173人が応募、2018年2月2…

  3. 希望退職180人募集=社員の6割、事業縮小で―スリーエフ(時事通信)

  4. 東芝が人員300人削減 早期退職と再配置で(産経新聞)

  5. 金融庁が銀行の人材紹介を明文化、リストラ人員押し付け懸念も(ロイター)

  6. NEC、1200人分の転籍・出向先紹介へ 人員削減で(朝日新聞デジタル)

  7. 東芝、シャープ…他 経営難企業の退職金は意外と悪くない(NEWS ポストセブン)

  8. 「ラ・デファンス」「エクスキー」などカラーフォーマルドレスの専業メーカー、ジュネビビアンが事業を停止…

  9. シャープ、「7000人リストラ」でも危ない。経営再建できない深刻な問題とは?(Yahooニュース)




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP