注目の記事 PICK UP!

東芝、4事業を新たに分社化 「もはや空中分解」の声(J-CAST会社ウォッチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●経営再建中の東芝に関する報道です。4事業の分社化に対してネット上の声では「空中分解状態」「転籍してリストラへ」など悲観的な声が多いようです。確かに今までにも分社化した先でリストラが実施されるケースは電機業界を中心にみられましたので東芝でも可能性は否定できないでしょう。

経営再建中の東芝は2017年4月24日、新たに「社会インフラ」「エネルギー」などの4事業の分社化を発表した。

分社化に伴い、東芝本体の従業員約2万4000人のうち、約2万人が転籍することになる。

7月1日から順次実施

分社するのは、「社会インフラ」「メモリーを除く電子部品」「情報通信」「エネルギー」の4事業。分社化は、7月1日より順次実施される。「エネルギー」事業のみ、6月に予定する定時株主総会の承認を得て、10月1日からとなる予定。

東芝は分社化の理由を、外部に対する説明責任の明確化や、内部管理体制の構築や直接的な外部監査の適用によるガバナンス強化のため、としている。

東芝は4月1日に、稼ぎ頭の半導体メモリー事業を分社化。2017年度中の売却を目指して入札を実施している。

この発表にツイッターには、

「独立してやっていける事業はないと思う! 甘すぎだ!! 」
「転籍してリストラかな。よく見かける光景」
「名門大会社 東芝の分裂… というか、もはや空中分解、破裂といった所… 」

と、悲観的にみる向きが少なくない。

(J-CAST会社ウォッチ)

関連記事

  1. 三越伊勢丹、改革に不協和音 リストラめぐり「意見対立」 経営責任を明確化(SankeiBiz)

  2. 三越伊勢丹 40~50代の早期退職促進へ 退職金積み増す(NHKニュース)

  3. 人手不足なのになぜリストラ増える? 銀行に続いて製薬業界も(THE PAGE)

  4. リコー4拠点閉鎖・移転へ…3000人配置転換(読売新聞)

  5. 聖域なきリストラでも…瀕死の「東芝」が報酬を払い続ける5人の「奥の院」(デイリー新潮)

  6. NEC、1200人分の転籍・出向先紹介へ 人員削減で(朝日新聞デジタル)

  7. 業績好調なのになぜ “新リストラ時代”到来!?(2016年4月13日(水)NHKクローズアップ現代+…

  8. 大手メーカーに就職も…リストラの標的になる工学部出身者(ライブドアニュース)

  9. 解体進む東芝 虎の子の半導体事業売却を妨げる「因縁」(NEWSポストセブン)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP