注目の記事 PICK UP!

東芝社員悲惨!大半リストラ 主要事業の分社化で転籍、業績次第では…(夕刊フジ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●経営再建中の東芝に関する報道です。現状では事業の大半を分社化したうえでリストラや事業売却を実施する可能性が高まっているとのことで引き続き厳しい状況が続く模様です。

東芝がまたバラバラになってゆく…。経営再建の柱となる社会インフラやエネルギーなどの主要事業を分社化する方向で最終調整に入ったのだ。東芝本体には管理や研究部門などを残して社員の大半を新会社に転籍させる方向だ。待遇などは当面変わらないとみられるが、いつ売り飛ばされるか分からない状況だ。

分社の対象となるのは、社会インフラ▽エネルギー▽半導体メモリーを除く電子デバイス▽情報システム-の主要4部門。東芝本体には管理部門や研究所などを残し、大半の社員を新会社に転籍させる方針。

分社化を迫られた背景にあるのが、財務の悪化だ。建設業法では、4000万円以上の下請け契約を必要とする大規模工事を手がけるには、特定建設業の許可が必要と定められ、自己資本額が4000万円以上といった財務的な条件が課される。東芝の財務は債務超過状態にあり、条件を満たしていない。

発電やビル設備など大規模工事に必要な「特定建設業」の許可を更新する見通しが立たなければ1兆円規模の売り上げを失う恐れがあるほか、東京電力福島第1原子力発電所で手がける廃炉事業への影響も懸念される。

このため事業主体を替えて受注制限を回避するというわけだ。

社員の処遇には当面は変わりはないとみられる。ただ、別会社となったことで、今後の業績次第では待遇に差がついたり、リストラ対象になったり、他社に売り飛ばされたりといった事態も十分考えられる。残った東芝社員は厳しい日々を味わうことになりそうだ。

(夕刊フジ)

関連記事

  1. 人手不足なのになぜリストラ増える? 銀行に続いて製薬業界も(THE PAGE)

  2. 大王製紙/希望退職者を募集(流通ニュース)

  3. 鴻海子会社化により、シャープの業績がV字回復(財経新聞)

  4. 「東芝崩壊」傲慢・怠慢・無責任にひた走る日本企業の難病 会社を維持する以上に「大切なこと」(現代ビジ…

  5. 「新生シャープ」改革は人材難に直面、シャープを去った社員は6000人超(THE PAGE)

  6. 製薬業界の花形職種に冬到来、大手で希望退職に400人殺到(ダイヤモンド・オンライン)

  7. リストラ中でも「特別賞与」 シャープ「成果出した若手に」(J-CASTニュース)

  8. NECが末期状態…1万6千人削減→また3千人削減、事業売却の連続で稼ぐ事業消滅(Business J…

  9. 飛ぶように売れていたバーバリーを失った三陽商会、深刻な事態突入…大量リストラ&閉店(Business…

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP