注目の記事 PICK UP!

赤字転落のフジテレビ、早期退職者募集でも退職金7千万上乗せ&高給取りの理由(ビジネスジャーナル)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●2017年4~9月期決算で営業赤字に転落したフジテレビが、50歳以上の社員を対象に「退職金を7千万円上乗せ」して早期退職者を募っていることを報じたニュースです。

当サイトでも下記記事をはじめとして早期退職金上乗せ額のニュースを色々報じていますが、加算金「7千万円」は最高レベルの額となっています。

9日発売の「フライデー」(講談社)が、『太っ腹フジテレビ「早期退職者にプラス7000万円!」』という見出しで、フジテレビが50歳以上の社員を対象に早期退職者を募っていると報じた。同社の常務取締役・大多亮氏が直撃インタビューに答え、その事実を認めている。

「記事のなかでは、フジ社員の平均年収が1500万円ともいわれていることについて、30代の社員が若手はその半分ももらえていないとのコメントを寄せていましたが、いまだに30代の制作で年収1000万円以上の人は結構いますよ。民放キー局でもっとも給料が安いといわれている日本テレビは、30歳で700~800万円程度。『視聴率が悪くても給料はいいなんてうらやましい』と、業界ではよくネタになってます。

2017年4~9月期決算でフジは営業赤字に転落。同期のテレビ東京は同32億円なので、フジはついにテレビ東京にも抜かれたことになります。ただし、フジ・メディア・ホールディングス傘下のグループ全体でみれば、そのほかの事業収入と不動産収入は結構いいんです。その結果、30代でもそれだけもらえるという話があるくらいですから、今回ターゲットとなっている50代が10人辞めてくれただけでも、年間何億円という人件費が浮くことになる。プラス7000万円の退職金を払ったとしても、安いもんですよね」(テレビ局関係者)

過去に何度も早期退職者を募集した日テレの場合、その退職金はせいぜい2000〜3000万円だったという。それを考えれば、フジの低迷が叫ばれて久しいものの、やはり「腐ってもフジ」ということなのか。

「もともと、フジの社員はお金持ちが多いんですよ。社長や有名人の子息とか、そんな人がゴロゴロしてる会社です。だから、別にお金に困っている人たちが多いわけでもないですし、一足早く退職して悠々自適な生活を送ろうと考える人は少なくないみたいですよ」(同)

経営立て直しの一環として人件費の削減に手を付けるのは、当然の施策かもしれないが、人材流出による番組制作力の低下で、さらなる視聴率低下という負のスパイラルに陥ってしまわないことを願うばかりだ。

(ビジネスジャーナル)

関連記事

  1. 大王製紙/希望退職者を募集(流通ニュース)

  2. 東芝再建に疑心暗鬼 止まらぬ人材流出 3カ月間で約1000人減少(SankeiBiz)

  3. スズケン、希望退職に423人応募(SankeiBiz)

  4. 三越伊勢丹、新たに5店舗リストラ…札幌や新潟(読売新聞)

  5. リストラ中でも「特別賞与」 シャープ「成果出した若手に」(J-CASTニュース)

  6. 求人倍率、1.43倍に改善=25年ぶり高水準、失業率3.1%―12月(時事通信)

  7. リストラの危機!上司から嫌われる会社員の言動(ライブドアニュース)

  8. シャープ、「7000人リストラ」でも危ない。経営再建できない深刻な問題とは?(Yahooニュース)

  9. マック、今期131店を閉鎖 100人の希望退職も…全役員の報酬カット 最大の赤字で改善策発表(産経ニ…

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP