リストラの厳しすぎる現実 リストラ関連NEWS

「追い出し部屋」で40代女性が見た異様な光景(東洋経済オンライン)

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●会社のリストラ対策によって「追い出し部屋に追いやられた被害者同士がお互いを攻撃しあう」理由を分析した記事です。

●通常人は被害者意識が強くなったときに加害者とみなした相手に怒りを覚えて攻撃的になりますが、「加害者があいまい」な場合は全く関係のない第三者に対して自分の受けた被害の憂さ晴らしをするかのように攻撃を加えることがあるとのことです。

●記事内では「追い出し部屋」に異動させられた百貨店勤務の女性社員の話が紹介され、そこでこの部署の社員がお互いを誹謗中傷しあう光景から、会社側は「被害者同士がお互いを攻撃しあう」といった事態を予測して自主退職を促しているのではないか?という疑念があることを提示しています。

(前略)

ある有名百貨店に勤務していた40代の女性社員は、職場でいじめを受けた。このいじめは、彼女が退職勧奨を拒否した頃から始まった。売上高が年々減りつつある百貨店業界は、まさに「斜陽産業」と呼ぶのがふさわしく、郊外や地方の店舗の閉鎖の発表も相次いでいる。

彼女の勤務先も例外ではなく、リストラが進められた。表向きは希望退職制度だが、実質的には肩たたきである。給料が高いベテランや能力不足の社員を中心に肩たたきが行われ、割増退職金を手に多くの社員が去っていった。しかし、この女性は独身で、生活に不安があったので、百貨店に残る道を選んだ。

すると、女性上司からの執拗な嫌がらせが始まった。この女性に郵便物が届くと、上司は丁寧に手渡したり机の上に置いたりするのではなく、投げて渡した。コピーを取りに行く際にすれ違うと、ぼそっと「邪魔」と言われた。それでも耐えていたら、しまいには彼女の後ろを通るたびに「死ねばいいのに」と暴言を浴びせられるようになった。

さすがに耐えかねて、「パワハラではないか」と相談室に相談し、調査委員会による聞き取りが行われた。だが、この女性がパワハラとして告発した上司の言動は、パワハラとは断定しがたいという結論が出た。まず、いずれの言動も上司が否定した。そのうえ、実際に郵便物を投げて渡したとしても、急いでいたからかもしれないし、「邪魔」「死ねばいいのに」などの暴言も独り言だったかもしれないというのが調査委員会の見解だった。

調査委員会の出した結論に落胆した女性は夜眠れなくなり、朝出勤しようとすると吐き気や動悸が出現するようになった。そのため、私の外来を受診し、「パニック障害」の診断書を提出して休職した。3カ月後に復職したが、例の上司にあいさつしても無視され、すれ違うたびにそっぽを向かれた。仕事もろくに与えられず、自分はもはや必要とされていないように感じたという。そのため、居づらくなって異動願を出し、認められた。

ギスギスした雰囲気が漂う異動先

異動先は、うつ病やパニック障害などで休職していた社員ばかりを集めた部署だった。この女性と同様に、職場で強いストレスを感じて心身に不調をきたした社員ばかりで、いじめやパワハラの被害者もいたはずだ。

もしかしたら、百貨店が進めるリストラの影響で、職場全体にいじめやパワハラが起こりやすい雰囲気が漂っていたのかもしれず、ある意味では、この部署の社員はみなリストラ策の被害者ともいえる。そう考えれば、同じ境遇の社員同士いたわり合いながら働いても不思議ではない。

ところが、実態は真逆のようだ。この部署では、みな互いに攻撃し合う。それぞれが「自分は前の部署でひどい目に遭って心を病んだ被害者なのだから、それなりに配慮してもらって当然」という態度を示すので、仕事の分担をめぐってしばしば言い争いになる。

中には、自分が要求する配慮を受け入れてもらえないと、怒り出し、それ以降口をきかなくなる社員もいる。配慮してくれなかった相手を「冷たい」「思いやりがない」「そんなだから、職場不適応になる」などと誹謗中傷する社員もいて、つねにギスギスした雰囲気が漂っているという。

その背景には、この部署特有の事情もあると考えられる。心を病んで休職していた社員ばかりであり、復職したからといって100%能力を発揮できるわけではない。だから、仕事量の面で配慮してほしいと要求するのは当然かもしれない。もっとも、配慮を要求された側も、同じように心を病んで休職していた社員であり、自分に与えられた分以上の仕事をこなす余裕はないはずだ。

しかも、与えられる仕事のほとんどが肉体労働というのも大きいようだ。この部署に集められた社員の多くは、もともと事務仕事に従事していた。私の外来を受診した女性もそうだったので、この部署で重い段ボール箱やマネキンなどを運ぶように命じられたときは、「なぜこんな仕事をさせられるのか」と当惑したという。

何よりもこたえたのは、単純作業の繰り返しだった。この女性は、20年以上百貨店に勤務し、事務仕事を几帳面にこなしてきた。だから、事務仕事に関しては知識も技術もあるというプライドがあった。ところが、これまでやってきた仕事とはまったく関係のない肉体労働をやらされ、プライドがズタズタに傷ついた。そのうえ、毎日のように言い争いがあるので、疲れ果ててしまった。

追い打ちをかけるように、慣れない肉体労働のせいで腰痛にも悩まされるようになり、ほとほと嫌気がさしている。「事務仕事に戻してほしい」という希望を人事部に伝えたものの、「同じように希望して待っている人が多いので、いつになるかわからない」という答えが返ってきた。そのため、憂鬱な日々を送っており、最近はさすがに転職を考え始めたが、年齢的なこともあって現在の職場と同水準の収入を得られる仕事は見つかりそうにない。

この部署は「追い出し部屋」なのか?

もしかしたら、この部署はいわゆる「追い出し部屋」なのかもしれない。心の病で休職していた社員ばかりを集めて、「リハビリのため」という名目で肉体労働をさせるのは、それぞれの社員が嫌になって自分から辞めると言い出すのを待つ作戦なのではないか。この部署で社員が互いに攻撃し合うことも見越したうえで、その退職促進効果に期待しているのではないかとさえ疑いたくなる。

もちろん、この部署が「追い出し部屋」であることを百貨店側は決して認めないはずだ。おそらく、「心の病で休職していた社員の職場復帰ができるだけスムーズにいくように、一カ所に集めて精神的負担の少ない仕事をさせている」といった答えが返ってくるだろう。

もっとも、精神的負担が少ないどころか、実際には言い争いで疲れ果て、プライドも傷ついて、精神的に参っているのがこの部署の社員の現状である。

(東洋経済オンラインより一部抜粋)

スポンサードリンク

【PR】人気の口コミ転職サイト

おすすめ記事

1

令和の時代に入り、大企業を中心に「バブル世代切り」のリストラが一気に加速しはじめる 令和の時代に入って従来の「業績不振によるリストラ」に加えて業績堅調な企業が人員構成を修正するなどの理由で将来を見越し ...

2

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 転職エージェントのメリットとデメリット メリット 求人情 ...

3

日本企業を取り巻く経営環境とリストラ状況 近年の世界的な政局不安を始め、英国のEU(欧州連合)離脱問題、中国経済の減速、為替の急速な変動、さらにはますます拡大する国際テロの脅威やここ最近では朝鮮半島有 ...

4

「早期希望退職制度(リストラ)」による割増退職金の相場一覧(2012年度~2018年度現在) 【2012年度】 ●シャープ 希望退職者:2960人/特別損失:253億円 →約855万円/人 ●ルネサス ...

5

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由を解説します。 ある日突然やってくるリストラ 現在では「リストラ」は常態化され ...

-リストラの厳しすぎる現実, リストラ関連NEWS
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2019 All Rights Reserved.