リストラNEWS リストラ関連NEWS

1月完全失業率、3.0%に改善 有効求人倍率は横ばい(ロイター)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●1月の完全失業率と有効求人倍率に関するニュースです。完全失業率(季節調整値)は3.0%となり、昨年12月の3.1%から改善、有効求人倍率(季節調整値)は前月から横ばいの1.43倍でした。

[s_ad]

総務省が3日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は3.0%となり、昨年12月の3.1%から改善した。3.0%は昨年10月以来、3カ月ぶりの低水準。厚生労働省が発表した同月の有効求人倍率(季節調整値)は1.43倍と前月から横ばいだった。

完全失業率は、ロイターの事前予測調査で3.0%が予想されており、結果はこれと同水準だった。

季節調整値でみた1月の就業者は前月比5万人増の6504万人だった。完全失業者は同9万人減の198万人。非労働力人口は同8万人増の4404万人となった。

この結果、完全失業率は3.0%となり、前月から小幅改善。特に男性は前月に比べて0.3ポイント低下して3.1%となり、1995年9月以来、21年4カ月ぶりの低水準となった。女性は前月から横ばいの2.7%だった。

総務省では、雇用情勢について「引き続き改善傾向で推移している」と判断している。

有効求人倍率は、ロイターの事前予測調査で1.44倍が見込まれていたが、結果はこれを下回った。

新規求人倍率は2.13倍と前月から低下。有効求人数は前月比0.6%増、有効求職者数は同0.4%増だった。

(ロイター)

[s_ad]

スポンサードリンク

【PR】人気の口コミ転職サイト

おすすめ記事

1

令和の時代に入り、大企業を中心に「バブル世代切り」のリストラが一気に加速しはじめる 令和の時代に入って従来の「業績不振によるリストラ」に加えて業績堅調な企業が人員構成を修正するなどの理由で将来を見越し ...

2

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 転職エージェントのメリットとデメリット メリット 求人情 ...

3

日本企業を取り巻く経営環境とリストラ状況 近年の世界的な政局不安を始め、英国のEU(欧州連合)離脱問題、中国経済の減速、為替の急速な変動、さらにはますます拡大する国際テロの脅威やここ最近では朝鮮半島有 ...

4

「早期希望退職制度(リストラ)」による割増退職金の相場一覧(2012年度~2018年度現在) 【2012年度】 ●シャープ 希望退職者:2960人/特別損失:253億円 →約855万円/人 ●ルネサス ...

5

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由を解説します。 ある日突然やってくるリストラ 現在では「リストラ」は常態化され ...

-リストラNEWS, リストラ関連NEWS
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2019 All Rights Reserved.