注目の記事 PICK UP!

東武百貨店がリストラ実施 インバウンドの追い風吹かず(週刊ダイヤモンド)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●東武百貨店は、運営する池袋本店と船橋店で、昨秋から40歳以上の正社員を対象に早期退職者を募集、全社員の2割程度に当たる200人が応募して2月末に退職したとのことです。

東京・池袋に本店を構える東武百貨店が、早期退職者を募るなど大規模なリストラを実施していたことが明らかになった。

関係者によると東武百貨店は、運営する池袋本店と船橋店で、昨秋から40歳以上の正社員を対象に早期退職者を募集、全社員の2割程度に当たる200人が応募して2月末に退職したという。加えて、一部の社員の給料も引き下げるなど、徹底した経費削減に乗り出している。

背景にあるのは業績不振。外国人観光客急増という追い風が吹き、都心百貨店はいずれも売上高で前年比プラス。にもかかわらず、東武百貨店だけは昨年6月以降、12月を除く全ての月で前年割れとなっているのだ。

東武百貨店が不振にあえいでいる理由は三つある。まず、同じく池袋に本店を構える西武百貨店が、セブン&アイ・ホールディングス傘下に入って以降、食品を中心に大規模な改装を実施したことで、顧客を奪われてしまった。

それまでは、日本で最大級の売り場面積を武器に、東武百貨店が優位に立っていた。それが、西武百貨店の改装効果が出始めた2年前くらいから立場は完全に逆転、それ以降、体勢を立て直すことができなかったのだ。

二つ目として、インバウンドの恩恵が一部にとどまっていることがある。

銀座や新宿ほどではないものの、池袋にも外国人観光客は数多く訪れており、立地的には非常に恵まれている。だが、「魅力的な売り場づくりができていない」(都心百貨店幹部)ため、外国人観光客の多くが、西武百貨店を訪れているというのだ。

そして三つ目は、こうした事態を招いた最大の要因でもあるのだが、「百貨店業が分かっていない人が相次いでトップに就任している」ことを、少なからぬ百貨店関係者が挙げる。

2013年に、創業家出身で陣頭指揮を執っていた根津公一氏から社長職をバトンタッチされたのは、旧みずほコーポレート銀行出身の重田敦史氏。そして、15年に社長に就任した島田義彦氏も、百貨店出身ながら経理やシステム畑を歩んだこともあって、「営業が分かっていなかった」(同)という。

「売り場面積が広ければ売り上げが上がると勘違いしたことに加え、効率ばかりを重視した経営を行ったため、客足が遠のいた」と、別の都心百貨店幹部は指摘する。

3月には、リストラの責任を取って退任した島田氏に代わり、東武鉄道出身で東京ソラマチタウンの社長を務めていた岩瀬豊氏が社長に就任した。「ソラマチで成功したテナントビジネスに転換するのでは」との見方もあるが、「また電鉄系の社長では心もとない」との声が内部からも上がっている。

(週刊ダイヤモンド)

関連記事

  1. NEC、1200人分の転籍・出向先紹介へ 人員削減で(朝日新聞デジタル)

  2. 「埼玉事業所を閉鎖」のリコー なるか脱「複合機一本足」(J-CASTニュース)

  3. 元・東証・名証2部上場の郷鉄工所、自己破産申請へ(帝国データバンク)

  4. 聖域なきリストラでも…瀕死の「東芝」が報酬を払い続ける5人の「奥の院」(デイリー新潮)

  5. サニックス、最終損失46億円、希望退職500人募集、パワコン生産縮小(メガソーラービジネス)

  6. 金看板「バーバリー」を失った三陽商会の苦境 業績低迷で中期計画を発表できず(東洋経済オンライン)

  7. ローパー退職勧奨、指南ビジネス広がる 複数の人材会社(Yahooニュース)

  8. NEC、国内間接部門・ハードウエア事業領域で3000人削減=中計(ロイター)

  9. 不採算4店舗、縮小や閉鎖など検討…三越伊勢丹(読売新聞)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP