リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

KADOKAWAの希望退職、232人が応募(ITmediaニュース)

最近の主な大手企業の希望・早期退職者募集(リストラ)状況です。

[s_ad]

KADOKAWA・DWANGOは4月23日、子会社のKADOKAWAが実施した希望退職に232人の応募があったと発表した。募集は当初300人程度を想定し、募集期間は3月2日から同月20日までだったが、「利用機会を拡充するため」として4月10日まで延長していた。

 希望退職は「収益力の強化と成長を確実にするため、強い組織・人員体制を構築する」として、3月末時点で41歳以上かつ勤続5年以上の正社員を対象に募集。応募者は4月30日付けで退職し、特別支援金の支給と再就職支援を行う。

特別支援金など連結で50億3800万円の特別損失を2015年3月期に計上する見通し。

またKADOKAWA・DWANGOは、ゲーム開発のMAGES.など子会社ののれん代などを減損処理し、計56億1000万円を特別損失として15年3月期に計上すると発表した。

減損の内訳は、バンタンが32億6200万円、トリスタが15億4200万円、MAGES.が4億1200万円、固定資産などが3億9300万円。

KADOKAWA・DWANGO子会社のドワンゴは14年9月に「読書メーター」を開発するトリスタ(買収額17億円)、同年11月にバンタン(買収額は非公開)に買収。MAGES.は11年、ドワンゴと文化放送の合弁会社「AG-ONE」とゲーム開発の5pb.が合併して発足した。

KADOKAWA・DWANGOは「短期的な視野で企業活動の動向を見極めることは困難」として連結業績予想を開示していない。15年3月期決算は5月14日に発表する。

(ITmediaニュース)

スポンサードリンク

【PR】人気の口コミ転職サイト

おすすめ記事

1

令和の時代に入り、大企業を中心に「バブル世代切り」のリストラが一気に加速しはじめる 令和の時代に入って従来の「業績不振によるリストラ」に加えて業績堅調な企業が人員構成を修正するなどの理由で将来を見越し ...

2

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 転職エージェントのメリットとデメリット メリット 求人情 ...

3

日本企業を取り巻く経営環境とリストラ状況 近年の世界的な政局不安を始め、英国のEU(欧州連合)離脱問題、中国経済の減速、為替の急速な変動、さらにはますます拡大する国際テロの脅威やここ最近では朝鮮半島有 ...

4

「早期希望退職制度(リストラ)」による割増退職金の相場一覧(2012年度~2018年度現在) 【2012年度】 ●シャープ 希望退職者:2960人/特別損失:253億円 →約855万円/人 ●ルネサス ...

5

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由を解説します。 ある日突然やってくるリストラ 現在では「リストラ」は常態化され ...

-リストラNEWS, 希望・早期退職者募集状況
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2019 All Rights Reserved.