注目の記事 PICK UP!

KADOKAWAの希望退職、232人が応募(ITmediaニュース)

最近の主な大手企業の希望・早期退職者募集(リストラ)状況です。

KADOKAWA・DWANGOは4月23日、子会社のKADOKAWAが実施した希望退職に232人の応募があったと発表した。募集は当初300人程度を想定し、募集期間は3月2日から同月20日までだったが、「利用機会を拡充するため」として4月10日まで延長していた。

 希望退職は「収益力の強化と成長を確実にするため、強い組織・人員体制を構築する」として、3月末時点で41歳以上かつ勤続5年以上の正社員を対象に募集。応募者は4月30日付けで退職し、特別支援金の支給と再就職支援を行う。

特別支援金など連結で50億3800万円の特別損失を2015年3月期に計上する見通し。

またKADOKAWA・DWANGOは、ゲーム開発のMAGES.など子会社ののれん代などを減損処理し、計56億1000万円を特別損失として15年3月期に計上すると発表した。

減損の内訳は、バンタンが32億6200万円、トリスタが15億4200万円、MAGES.が4億1200万円、固定資産などが3億9300万円。

KADOKAWA・DWANGO子会社のドワンゴは14年9月に「読書メーター」を開発するトリスタ(買収額17億円)、同年11月にバンタン(買収額は非公開)に買収。MAGES.は11年、ドワンゴと文化放送の合弁会社「AG-ONE」とゲーム開発の5pb.が合併して発足した。

KADOKAWA・DWANGOは「短期的な視野で企業活動の動向を見極めることは困難」として連結業績予想を開示していない。15年3月期決算は5月14日に発表する。

(ITmediaニュース)

関連記事

  1. 日本IBMの解雇無効と認める判決…東京地裁(読売新聞)

  2. 東芝大惨状 子会社でパワハラ、相次ぐリストラで取引先は激減…企業改革の人材募集も(ZAKZAK)

  3. 早期退職は損か?得か?割り増し退職金はいくら(オールアバウト)

  4. 相次ぐ告発 パソナ子会社への「強制出向」戦慄の一部始終(ライブドアニュース)

  5. AIを巡る誤解 実は事務作業より知的作業でこそ力を発揮(NEWSポストセブン)

  6. 不採算4店舗、縮小や閉鎖など検討…三越伊勢丹(読売新聞)

  7. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が中止求め、労働局に申し立て(弁護士ドットコムニュース)

  8. 東芝 2年間で3万人以上の人員削減を発表(ライブドアニュース)

  9. リストラの外堀は埋まった セブン新体制、次はヨーカ堂改革(ライブドアニュース)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP