リストラNEWS シャープ関連

シャープ、257億円の営業黒字=3年ぶり、鴻海と相乗効果-17年3月期(時事通信社)

更新日:

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●経営再建中のシャープが2017年3月期連結業績予想で営業黒字に転じて業績回復基調にあることが報じられています。

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で経営再建中のシャープは1日、2017年3月期連結業績予想を発表した。本業のもうけを示す営業損益は前期の1619億円の赤字から257億円の黒字に転じる。営業黒字は14年3月期以来3年ぶり。鴻海と物流や購買で協力し、下期に営業損益を99億円押し上げる相乗効果を見込む。15年に実施した3000人規模の希望退職も寄与する。

シャープはこれまで、鴻海との相乗効果が見通せないとして、通期の業績予想を示していなかった。鴻海の副総裁を兼務する戴正呉社長は1日の記者会見で、17年3月期の営業黒字達成について「有言実行で頑張りたい」と強調。中期経営計画は17年4月ごろに公表する考えを示した。

(時事通信社)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リストラNEWS, シャープ関連
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.