注目の記事 PICK UP!

東芝、2年ぶり営業黒字=赤字のテレビ、追加リストラへ―9月中間(時事通信社)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

不正会計問題による影響で経営再建中の東芝が追加リストラを行う方針を発表したニュースです。

東芝が11日発表した2016年9月中間連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が967億円となり、上半期としては2年ぶりの黒字を確保した。前年同期の大幅赤字からV字回復を果たした格好だが、不正会計の温床となったテレビ事業では依然100億円規模の赤字が残る。

記者会見した平田政善専務は「恒常的に赤字を回避できる改善策の実行が必要だ」と追加リストラ策を行う方針を示した。

東芝のテレビ事業は、海外での生産・販売から15年12月に完全撤退し、「レグザ」ブランドによる国内展開に絞ったが、固定費の削減が計画を下回り、赤字が続いている。平田専務は追加リストラ策について「年末商戦へ最大限注力しつつ、具体策を立案する」と述べ、詳細には言及しなかった。

一方、9月中間決算での営業損益の黒字化は、記憶用半導体フラッシュメモリー事業の好調が主因。中国市場でスマートフォン向け需要が堅調だった。売上高は2兆5789億円で、白物家電や医療機器などの事業売却前の前年同期実績に比べ13.2%縮小。円高は2050億円の減収要因となった。

(時事通信社)

関連記事

  1. 今度は信託銀が巨額賠償訴訟 東芝がすがる“復活シナリオ”(日刊ゲンダイDIGITAL)

  2. 泥舟脱出で悠々自適 シャープ歴代社長の再就職先と巨額収入(日刊ゲンダイDIGITAL)

  3. リストラ指南規制後、解雇 音楽大手相手取り労働審判へ(朝日新聞デジタル)

  4. 【東芝巨額損失】新卒採用再開の見送り検討 給与減額も継続へ(産経新聞)

  5. 富士通グループ、解雇の45歳元社員と和解 退職金や解決金、合意退職で(産経ニュース)

  6. 三陽商会、赤字決算でリストラ加速 2ブランド追加廃止、店舗削減も拡大(産経新聞)

  7. 東芝が人員300人削減 早期退職と再配置で(産経新聞)

  8. 盟主・三越伊勢丹、急速に経営悪化の異常事態…百貨店の存在意義消失か、エステサロン買収(Busines…

  9. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が中止求め、労働局に申し立て(弁護士ドットコムニュース)




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP