注目の記事 PICK UP!

給付日数、解雇など拡充=自己都合は見送り―失業手当(時事通信)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●政府の失業手当見直しに関するニュースです。倒産や解雇(リストラ)など会社都合で退職した場合(=特定受給資格者)の給付日数が一部見直しされています。

(ご参考:現在の失業手当給付日数※特定受給者の場合)

 雇用保険制度の見直し内容が8日、決まった。うち失業手当の給付日数は、倒産・解雇で離職した人の一部や有期契約が更新されない雇い止めで離職した人を対象に拡充する。労働者側が強く求めた自己都合で離職した人の給付拡充は、使用者側がモラルハザード(倫理の欠如)を助長すると反対し、今回も見送られた。厚生労働省は法改正を経て2017年度に実施する。

倒産・解雇で離職した30~34歳(被保険者期間1年以上5年未満)と35~44歳(同)の給付日数は、受給期間中の就職率が低いため30~60日増やし、120~150日にする。雇い止め離職者の給付日数を倒産・解雇の離職者と同じ90~330日に拡充する暫定措置は21年度まで5年間延長する。

(時事通信)

関連記事

  1. 「ラ・デファンス」「エクスキー」などカラーフォーマルドレスの専業メーカー、ジュネビビアンが事業を停止…

  2. 東芝 2年間で3万人以上の人員削減を発表(ライブドアニュース)

  3. 三越伊勢丹 40~50代の早期退職促進へ 退職金積み増す(NHKニュース)

  4. 三越伊勢丹、改革に不協和音 リストラめぐり「意見対立」 経営責任を明確化(SankeiBiz)

  5. ワールド、希望退職に全社員の4分の1が応募 (日本経済新聞)

  6. リストラの外堀は埋まった セブン新体制、次はヨーカ堂改革(ライブドアニュース)

  7. スズケン、希望退職に423人応募(SankeiBiz)

  8. 50歳以上の早期退職募る 17年中間は経常、最終赤字 -日本電子材料-(ひょうご経済プラス)

  9. 東芝、損失7000億円計上へ…債務超過に(読売新聞)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP