注目の記事 PICK UP!

東芝、シャープ…他 経営難企業の退職金は意外と悪くない(NEWS ポストセブン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●経営難からリストラ・早期退職制度を実施した大手企業の退職金額を報じたニュースです。

 サラリーマンの老後の生活を支える「退職金」。かつては年功賃金・終身雇用を前提に整備されていたが、それが今、激変の最中にある。年功よりも実質的な会社への貢献度を評価する「ポイント制」の導入や、確定拠出型年金への一本化などにより、人事評価も退職金額に直結するシビアな時代となった。

 その一方、経営難の企業で退職金が高くなることもある。東芝・シャープの2社について人事ジャーナリストの溝上憲文氏はこういう。

「東芝が昨年末に発表した再建計画で用意された早期退職制度(募集は3月末まで)では50歳の割増加算が基本給の40か月分と報じられました。同業の基本給などから推定すると、約3500万円(約2000万円が上乗せ)と試算できます。

 台湾の鴻海に買収されたシャープの場合も同じく50歳で26か月分割増されたので3200万円(約1300万円が上乗せ分)前後だったと推計できる」

経営難の企業で高額と聞くと違和感があるが、会社は給与の他に社会保険料などを負担するので「雇い続けるコスト」を考えれば、一時的に高いカネを払っても人を減らす判断になる。

 他に本誌の取材に有名企業OBらが明かした退職金額は、「電通・部長クラス(58歳早期退職)4100万円」「全日空・パイロット経験者3800万円」「三井物産・部長クラス3000万円以上+企業年金」「リクルート(40歳で起業)1800万円」といった数字が並ぶ。

 また三菱自動車は「勤続年数に課長・部長などの職位と職務評価が累積加算される。同じ課長でも昇進スピードによって額には個人差が出る。モデルケースとしては、大卒で、40代で課長になり、そのまま勤め上げて60歳で退職した場合、約2800万円です」(広報部)と説明した。

(※週刊ポスト2016年8月19・26日号)

関連記事

  1. 三越伊勢丹「恐怖の追い出し部屋」でいま起きていること 前社長派は戦々恐々…(現代ビジネス)

  2. それでも東芝が原子力部門を切れない「特別な事情」 背後に経産省とアメリカの影が見え(現代ビジネス)

  3. AIを巡る誤解 実は事務作業より知的作業でこそ力を発揮(NEWSポストセブン)

  4. NECは「3000人リストラ」で生まれ変われるか 外部人材登用の一方、10月から希望退職実施(東洋経…

  5. 液晶大手JDI、4700人削減…スマホ受注減(読売新聞)

  6. リストラ指南規制後、解雇 音楽大手相手取り労働審判へ(朝日新聞デジタル)

  7. 不採算4店舗、縮小や閉鎖など検討…三越伊勢丹(読売新聞)

  8. 三菱UFJ、店舗2割削減を検討 みずほも人員大幅減へ(朝日新聞DIGITAL)

  9. アデランス上場廃止、創業社長の「カツラ御殿」売却(デイリー新潮)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP