三越伊勢丹関連 リストラNEWS

三越伊勢丹、新たに5店舗リストラ…札幌や新潟(読売新聞)

更新日:

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●「三越伊勢丹HD」が業績不振に伴い店舗リストラを実施し経営効率化を図る内容の記事です。百貨店業界では、セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武が関西の3店舗をH2Oリテイリングに売却すると発表、この他一部の店を閉鎖。大丸松坂屋を展開するJ・フロントリテイリングも大丸浦和パルコ店(さいたま市)を7月に閉店する予定で、業界全体にリストラの動きが加速し始めています。

百貨店首位の三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、札幌、新潟、静岡にある5店舗について、売り場面積の縮小や業態転換を含めた構造改革を行う方向で調整に入った。

地方の人口減や消費者の節約志向による業績不振が理由だ。すでに公表した2店の閉鎖と4店の事業見直しと合わせ、現在グループで営業する26店のうち11店舗をリストラし、経営の効率化を図る。

大西洋社長が読売新聞の取材に明らかにした。他の百貨店大手の事業戦略にも影響しそうだ。

三越伊勢丹HDが新たに店舗のあり方を検討するのは、札幌市の丸井今井札幌本店と札幌三越、新潟市の新潟三越と新潟伊勢丹、静岡市の静岡伊勢丹。このうち札幌、新潟の4店は、同じ市内に店舗が併存し、客が分散するなど営業効率が悪くなっていた。

(読売新聞)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-三越伊勢丹関連, リストラNEWS
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.