注目の記事 PICK UP!

弘前タクシー破産/負債15億円、229人解雇(Web東奥)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●青森の弘前タクシーが破綻し、従業員229人が解雇されたことを報じたニュースです。

青森県弘前市や黒石市、南郡で営業してきた弘前タクシー(本社弘前市、川上一夫代表取締役)が27日、営業を停止し、青森地裁弘前支部から破産手続き開始決定を受けた。申立代理人の向井諭弁護士(札幌市)によると負債総額は約15億円で、破産管財人は三上和秀弁護士(弘前市)。同社は、従業員229人を同日付で解雇した。東京商工リサーチ青森支店によると、1963年の集計開始以来、県内のタクシー会社の破綻としては最大の負債額になる。
弘前タクシーは弘前市のほか黒石市、藤崎町に営業所を構える。保有車両台数は114台で、県タクシー協会によると、県内のタクシー会社で5番目に多い。
同社や東京商工リサーチ青森支店、帝国データバンク青森支店によると、同社は78年に「三上タクシー」として法人化した。陸奥交通や弘西タクシーと合併、北海道交運事業協同組合(HKグループ)入りし、89年に現在の社名になった。弘都交通のタクシー部門や黒石市、藤崎町のタクシー会社を買収して規模を拡大し、ピーク時には10億円強の売り上げを計上した。
しかし、競争激化や景気悪化による利用率の低迷や燃料費上昇などで2000年以降は赤字経営が続き、資金繰りが逼迫(ひっぱく)。25日に、青森地裁弘前支部に破産手続き開始の申し立てをした。
同社は、同日付で従業員と取引先に破産手続き開始を伝える文書を送付。従業員向けの文書で「黒字転換を模索してきたが、めどが全く立たず、事業を引き継ぐ会社も見いだせなかった」、取引先向けの文書では「経営状況の好転が望めない現状では、これ以上の経営の永続は不可能。ご迷惑をおかけして申し訳ない」と説明した。
弘前公共職業安定所は2月初め、弘前市内で同社従業員を対象にした求職相談会を開く予定。

(Web東奥)

 

関連記事

  1. 沈みゆく東芝。現実味を帯びてきた、数万人規模のリストラ計画(まぐまぐニュース)

  2. アデランス上場廃止、創業社長の「カツラ御殿」売却(デイリー新潮)

  3. 退職を考えたきっかけ ベスト3は?(ITmedia ビジネスオンライン)

  4. 人手不足なのになぜリストラ増える? 銀行に続いて製薬業界も(THE PAGE)

  5. ワールド、希望退職に全社員の4分の1が応募 (日本経済新聞)

  6. JDI、工場再編を検討=3期連続の赤字(時事通信)

  7. 大日住薬、生産部門の早期退職に86人が応募(時事通信社)

  8. 悲しきリストラ候補の社員たち――自分達の仕事を奪う「AI導入」をサポートしなければならない…(日刊S…

  9. NEC、国内間接部門・ハードウエア事業領域で3000人削減=中計(ロイター)




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP