リストラNEWS リストラ関連NEWS

求人倍率、1.43倍に改善=25年ぶり高水準、失業率3.1%―12月(時事通信)

投稿日:

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●12月の有効求人倍率に関するニュースです。有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇の1.43倍となり、4か月連続で改善。1991年7月以来25年5か月ぶりの高水準となっています。

厚生労働省が31日発表した2016年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.02ポイント上昇の1.43倍と、4カ月連続で改善した。1991年7月以来、25年5カ月ぶりの高水準。求人倍率は企業の求人票を受け付けたハローワークの受理地別、実際に働く就業地別ともに、全都道府県で1倍以上となった。

総務省が同日発表した労働力調査によると、12月の完全失業率(同)は3.1%で、前月と同水準だった。同省は雇用情勢について「引き続き改善傾向」(労働力人口統計室)とみている。

求人倍率は、ハローワークに申し込んだ求職者1人当たりの求人数を示す。12月は求人数が1.9%増、求職者数が0.2%増で、求人の伸びの方が大きかった。正社員の求人倍率は0.92倍となり、集計を始めた04年11月以降の最高を3カ月連続で更新した。

新規求人を業種別で見ると、教育・学習支援、建設業がともに2桁増となるなど主要11業種が全て増えた。

受理地別の求人倍率は、最高が東京の2.05倍、最低は沖縄の1.02倍。就業地別は最高が福井の1.95倍、最低が北海道と沖縄の1.12倍。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リストラNEWS, リストラ関連NEWS
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.