リストラNEWS リストラ関連NEWS

アデランス上場廃止、創業社長の「カツラ御殿」売却(デイリー新潮)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●かつら大手のアデランスが経営再建のため上場廃止になることを報じたニュースの続報です。なぜアデランスが業績不振になってしまったのか、カツラ業界の現状などがレポートされています。

まっすぐに天に向かって伸びる「カツラ」の木は縁起がいいんだそうだが、頭に載せる「カツラ」はこのところ売れないそうな。おかげでアデランスは業績が伸びるどころか急降下。上場廃止が決まって、創業社長の「カツラ御殿」も、すでに取り壊されていた。

高級住宅地の代名詞、世田谷区成城3丁目の角地にドーンと構える、コンクリート造りにタイル張りの瀟洒なお屋敷。アデランスの創業社長兼会長、根本信男氏が構えた桂離宮ならぬ通称「カツラ御殿」が、更地になっているのである。

「取り壊されたのは昨年12月。あの辺りは坪単価が200万円前後です。あのお屋敷は950平方メートル、つまり290坪ほどありましたから、6億円ぐらいにはなったのではないでしょうか」(地元の不動産屋)

社長夫妻は渋谷区内のマンションに転居していたが、このタイミングに、「やっぱりなあ」という声が漏れ聞こえてくる。経済紙の記者によれば、

「今、アデランスは、スカイマークなどの再建を手がけた投資会社インテグラルに頼んでMBO、つまり経営陣が参加する買収を実施。2月中旬には上場が廃止される予定です。実際、1月16日に発表された昨年3月から11月期の連結決算は、最終損益が11億円の赤字になっています」

そんな真っただ中の御殿売却だったのである。

それにしてもアデランスに、いったいなにが起きているのか。経済誌の専門記者に解説をしてもらう。

「これまでカツラ業界はアデランスとアートネイチャー2社の独占状態で、以前は男性カツラが中心でした。それが近年、年をとってもキレイでいたいという60歳超の女性の需要が伸び、今や顧客のメーンは女性になっています。テレビのスポットCMを観た人からの電話にていねいに応対し、高いものでは80万円はするオーダーメイドや、レディメイドで数万円のウィッグを買ってもらう。ところがここ2年ほど、小林製薬や資生堂という大手を筆頭にエステや通販会社などまでが、5000円から1万円ほどの安いウィッグを出しはじめ、顧客をすっかり奪われてしまったのです」

■「維持するのは大変」

高橋惠子がCMで、オーダーメイドの「レディスアデランス」や既製品の「フォンテーヌ」を必死に紹介しても、なかなか反応がないのだそうだ。

「実際、このままジリ貧が続けば倒産しかねない状態で、創業者の根本社長にすれば、自分が持つ株も紙切れになってしまう。それでは忍びないので去年の8月、根本社長が自らインテグラルに相談を持ちかけたと聞きました。アデランスは10年ほど前、アメリカの投資ファンドのスティール・パートナーズに株を買い占められた苦い経験があります。そのトラウマがある中、あえて投資会社に頼まざるをえないほど追い込まれてしまった。上場廃止は、それなりに費用をかけて事業構造を抜本的に変えるには、株主のための費用すら削る必要がある、という選択をした結果だと思います」(別の経済誌記者)

カツラをいくら被せても、もはや隠せない会社の危機。

アデランス経営企画部によれば、実は社長も、新株発行に際し、出資義務があるという。だが、

「自宅の売却は私が判断したことで、会社とは関係ありません」

と、根本社長の妻は語る。

「私たちの年齢のことを考えると、成城のあの家は広すぎて、税金などを含めて維持するのは大変。主人になにかあったとき、私一人では賄いきれませんし、子供たちに整理させるのも気の毒です。整理してよかったと思っていますよ。今はだれでも高齢になれば、そういうことを考える時代じゃないですか」

いずれにせよ、会社の維持が大変なのに、御殿の維持に苦労している場合ではない、ということだろう。

(デイリー新潮)

 

スポンサードリンク

【PR】

【リストラ対策】あなたはもう準備を始めていますか?~転職編~

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由

  • 普段から転職サイトを活用して「気になる求人情報」をストックしておいたり「自分の市場価値」をチェックしておくだけでも、いざ「リストラ」があるかもしれないという場合に「転職という選択肢」が十分用意できているので焦らずに転職準備を始めとしたリストラ対応を行うことができるようになります。
  • 転職は会社に在籍しながら水面下で活動を行い、新たな転職先を決めてから退職することが鉄則となります。無職になった人は辞めた会社から「不要になった人材では?」と思われてしまったり、履歴書に「求職中」と書いてあるだけで足元を見られることがあります。たとえそうではない優秀な人材であったとしても「本当の実力より一段低く見られてしまいがち」となります。

押さえておくべき人気の「転職サイト」

>>リクナビNEXT 公式サイトはこちら→(業界No1の国内最大転職サイト)

>>doda 公式サイトはこちら→(転職フェア多数開催中※参加無料)

「転職サイト」のなかでも最近注目の「口コミ転職サイト」とは?

ここ最近、転職サイトの中でも特に「口コミ転職サイト」が高い人気を誇っています。
口コミは一般的な「ネット通販」などでも必須の情報となっていますが、今では転職活動でも実際に希望する企業で働いている人の「生の声」=いわゆる「口コミ(クチコミ)情報」を分析することが、もはや「当たり前」と行動となっています。

人気の「口コミ転職サイト」一覧

転職会議
口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイトです。実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率などを口コミとして見ることができるのはもちろんですが、掲載数が非常に多いので大手有名企業だけではなく中小企業の口コミも掲載されていることがあります。また転職会議サイト独自の求人に加え、大手転職サイトと提携をしているので、多くの求人をまとめて検索できます。
>>転職会議で口コミを見たい企業を探す

カイシャの評判
社員・元社員による会社のリアルな口コミが100万件以上掲載されている大手転職口コミサイトです。転職情報サービス「エン・ジャパン」が運営していますので、信頼性が高くとても使いやすいサイトになっています。またすべての口コミは無料で見放題となっており閲覧だけなら会員登録も不要です。(会員登録すると「口コミ掲載」「ブックマーク機能」「会社同士の比較機能」などが利用可能)
>>カイシャの評判で興味ある会社の口コミを検索

キャリコネ
キャリコネの口コミは「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「ライバル企業」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「転職後のギャップ」「女性のキャリア」「経営者について」に加え、年収・給与明細、転職面接に関わる口コミを企業単体、地域、業界からチェックすることができます。更には投稿された企業の評判・口コミ情報などのデータや公表されているデータを基に算出した「ホワイト度・ブラック度チェック」がホワイト企業への転職を希望する利用者に人気のサイトです。
>>キャリコネで気になる企業の口コミを検索

まとめ

「リストラ対策」としての転職準備は先手必勝がとても大切となります。

早くから転職を意識することがリストラへの備えになるばかりでなく同時に将来のキャリアプランを見つめ直すことにもなり、「何が自分に足りないのか」や「いま自分がすべきこと」が見えてくるでしょう。

そして自分の能力を高める行動に繋がって結果的に市場価値が高い人材になれば、今のポジションでも存在価値が高まり会社側が手放せない(=リストラされない)貴重な戦力となるのです。

これこそが最大の「リストラ対策」であるといえるでしょう。

そのためにもまず第一歩として転職サイトに登録することから始めてみてはいかがでしょうか?

>>リクナビNEXT→(業界No1の国内最大転職サイト)

>>doda→(転職フェア多数開催中※参加無料)

>>転職会議→(大手有名企業だけではなく中小企業の口コミも掲載有)

>>カイシャの評判→(転職情報サービス「エン・ジャパン」が運営)

>>キャリコネ→(「ホワイト度・ブラック度チェック」が人気)

-リストラNEWS, リストラ関連NEWS
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2019 All Rights Reserved.