リストラNEWS リストラ関連NEWS

銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安(読売新聞)

投稿日:

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

≪報道要旨≫
●昨年より度々伝えられているメガバンク関連の報道です。超低金利に伴う収益悪化やAIによる人員効率化などにより大規模な人員削減(リストラ)が実施されることへの不安が高まっていることを背景に、人材サービス会社に登録する銀行員数が急増しているとのことです。

[s_ad]

 

転職活動する銀行員が急増している。

人材サービス大手リクルートキャリアに転職希望者として新たに登録した銀行員数は、2017年度上期(4~9月)に前年同期比で約3割増加し、その後も増え続ける勢いだ。超低金利に伴う銀行の収益悪化などで、人員削減への不安が高まっていることが背景にあるとみられる。

同社の集計によると、大手行と信託銀行、地方銀行などからの登録者数は16年度上期に前年同期比29・9%増加、17年度上期もさらに同29%増えた。昨年秋以降、メガバンク各行が大規模な人員削減策を公表すると、「将来のリストラ不安から転職希望者が殺到するようになった」(転職紹介大手)という。

リクルート社が提供する転職紹介サービス「リクルートエージェント」には、16年度で全業界から約50万人が登録しており、銀行からも多い。ただ、銀行からの具体的な登録者数は公表していない。政府の労働力調査によると、16年の転職者数は306万人で前年より3%弱増えた。銀行員の転職希望者の増加率は、それを大幅に上回る水準だ。

(読売新聞)

[s_ad]

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リストラNEWS, リストラ関連NEWS
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.