リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

近鉄、社員数600人削減へ コロナで業績悪化、早期退職募集(共同通信)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●営業キロ数で国内最大の私鉄となる近畿日本鉄道が早期退職の募集を含む人員削減計画を発表しました。 新型コロナウイルス感染拡大で利用客が落ち込み、急速に業績が悪化したことに対応するもので、早期退職は45歳以上の管理職と社員を対象に募集人数を設定せず3月1日から24日まで募集します。 近畿日本鉄道は26日、2019年度に7200人だった社員数を600人減らす人員削減計画を発表した。新型コロナウイルス感染拡大で利用客が落ち込み、急速に ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

青山商事の希望退職、募集人数を200人超上回る609人が応募(東京商工リサーチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●東証1部上場の紳士服販売大手「青山商事」が、2020年11月10日付で公表していた希望退職に募集人数を200人超上回る609名が応募したことを発表しました。 希望退職の募集結果に関するお知らせ(青山商事) 紳士服大手の青山商事(株)(TSR企業コード:720045720、福山市、東証1部)は2月22日、12月から募集を行ってきた希望退職の応募人数が609人に達したと発表した。 募集人数は400人で、計画より209人多い。 今期 ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

カシオ、希望退職者の募集結果を発表 45歳以上の一般社員や50歳以上の管理職が対象(ITmedia ビジネスオンライン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●東証1部上場の電機メーカー「カシオ計算機」が、2020年12月23日付で公表していた早期希望退職優遇制度に81名が応募したことを発表しました。 対象者は同社の営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員のうち、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職社員で、退職日は5月20日となります。 また退職者には通常の退職金に特別退職金を加算して支給され、それらの費用については2021年3月期決算において特別損失として約12 ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

【2021年2月(1-15日迄)】 主企業の早期退職募集ニュースまとめ (JT、リーガル)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●JT(2021/2/9)  日本たばこ産業(JT)は9日、社員1000人の希望退職を含めたグループでの約3000人の大規模な人員削減を実施すると発表した。工場閉鎖に加え、全国の支社を削減することなどで、事業規模を縮小させ、国内のたばこ需要減少に対応する。  今回、九州工場(福岡県筑紫野市)と子会社の日本フィルター工業の田川工場(同田川市)を来年3月末で廃止することを決定。同時に、現在国内に145ある営業拠点を47拠点体制にする ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

【2021年1月】 主企業の早期退職募集ニュースまとめ (三陽商会、佐鳥電機)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●三陽商会(2021/1/22)  三陽商会は1月21日、希望退職者の募集を実施すると発表した。従業員を対象に、募集人員は150人程度としている。  募集期間は2月15日~3月5日で、退職日は3月31日。退職者は会社都合として扱い、所定の退職金に加えて特別退職金を支給する。また、希望者には再就職支援会社を通じた再就職支援も行う。  同社は、1月29日まで「セカンドキャリア支援制度」として40歳以上の正社員を対象に早期退職者を募集 ...

続きを読む

資格取得・語学

リストラ対策としての「TOEIC(英語力)」を上げるには?/忙しい中高年向けツールも紹介

多くの企業では大量採用したバブル世代の人数が突出しているので従業員の人員構成がいびつな状態になっています。

そのため人件費負担増とポスト不足対策に多くの企業が苦慮しておりいわゆる「2020年問題(バブル入社組をどのように処遇していくのか)」が大きな経営課題として浮上していました。

そこに新型コロナウイルスの影響で多くの企業の業績が急激に悪化したことで今まで増加傾向だったリストラ(早期退職や解雇)の動きが一気に加速し始めました。

リストラを実施している企業では当然バブル世代がリストラ対象の中心になっていることはいうまでもないでしょう。

つまりこの世代は高い専門性とスキル・知識を駆使し、ハイパフォーマーとしてシビアな競争に勝ち抜いていかなければ、収入や地位の低下そして最悪リストラの対象になることは避けられないのです。

リストラ対策の5大スキルとは?

  1. コミュニケーションスキル
  2. セールス&マーケティングスキル
  3. ITスキル
  4. 語学スキル
  5. ソーシャルメディアスキル

この記事ではリストラ対策として有効な手段の一つに挙げられている「5大スキル」、なかでも語学スキルの「英語(TOEIC)」を上げていく方法について解説していきます。

そして、普段業務に忙殺されていてまとまった勉強時間が中々とれない中高年=ミドル世代向けにスキマ時間でも効率的にスキルアップできる学習ツールもお伝えします。

メモ

崖っぷちで命綱になる「資格」…会社がリストラ候補を選んでいるとき、ビジネスパーソンとして価値のある「資格」(例:語学系、ビジネス系、プログラミング系、コミュニケーションスキルなど)を持っている社員がいれば、当然その人物がリストラ候補から外れる可能性は高くなります。これは専門性や知識が評価されることはもちろんですが、加えて資格取得のための「努力や頑張り」が認められることもあるからです。

忙しい中高年向け「英語(TOEIC)」におススメの学習方法2選

オンライン英会話

英語アプリ

ココがポイント

英語学習で大事なのはインプットではなくアウトプットと言われています。

そのためにはオンライン英会話や英語アプリなどアプトプット練習ができるツールを積極的に利用することが大切になります。

オンライン英会話

オンライン英会話の現状

オンライン英会話の市場規模は100億円程度と社会人向け既存スクール(約2,000億円)に比べるとまだまだ成長途上です。

しかし近年大手商社の資本参加などにより業界内の競争が激化し、サービス内容や質が急速に向上していることから、福利厚生の一環としてオンライン英会話をメニューに導入する企業も増加しています。

またスマートフォン・タブレット端末が普及したことにより

①Skypeなどの通話無料ソフトを使ってオンライン(インターネット上)で英会話のレッスンを受けることが身近になったこと

②街中にあるような英会話スクールに比べて比較的授業料が安く気軽に始めることができるようになったこと

などがオンライン英会話が注目を浴びている要因になっています。

オンライン英会話のメリットとは?

  • オンライン英会話は授業料が安くすむ(通常の英会話スクールは月額約1万円~数万円以上の授業料が必要ですがオンライン英会話は月額数千円~1万円程度の授業料でレッスンを受講することが可能)
  • 様々な機器で都合のいい時間にレッスンを受けることが可能(オンライン英会話は、パソコンでレッスンを受ける人がメインですが、インターネットに接続する環境があれば、パソコン以外でもタブレット端末やスマートフォンで受けることができるスクールもあります。
    また、オンライン英会話は、朝の5時や6時といった早朝から深夜1時や2時、スクールによっては24時間レッスンが受けられるところもありますので、なかなか時間が取れなくて困っている人でも空いた時間に英会話を学ぶことができます)
  • ネットから簡単にレッスン予約可能(オンライン英会話では、レッスン予約もインターネットで行うことができます。予約できる時間はスクールごとに違いますが、空きがあれば開始間際でも予約が可能な場合があります。スマートフォンから予約できるスクールもありますので空き時間をより利用しやすいのが特徴です)
  • 1レッスン時間が短めなので集中して受講できる(既存の英会話スクールは1レッスン40~50分なのに対して、オンライン英会話スクールは原則マンツーマンなので1レッスン25分の設定が主流です。
    オンライン英会話スクールの受講者は「疲れていても25分ならパソコンの前に座ってレッスンを受講する気になれます。」と、この時間設定をメリットの理由に挙げていることが多いようです)

 

オンライン英会話の注意点

オンライン英会話を受講する前に、ネット環境やパソコン・タブレットなどの機器、Skype(スカイプ)などの無料通話ソフトなど最低限のツールを用意しておく必要があります。

また、テレビ電話の映像を通じてのコミュニケーションのやりとりですので、直接対面して話をするのに比べると臨場感が低くなってしうことや、原則マンツーマンでのレッスンなのでグループレッスンならではのメリット(受講者同士のディスカッション・情報交換などのチャンス)が無くなる可能性もあります。

注意点の解消方法

こうした注意点を解消するには無料体験レッスンを受けてみるのがオススメです。

スクールによってレッスンの内容や料金が異なるのはもちろんですが、講師との相性やサイトの使い易さなど細かな点・雰囲気が自分に合う合わないという場合が意外とあります。

そこで英会話・英語力の向上に集中できるようにするためにもできれば複数スクールを受講して自分にピッタリ納得のいくオンライン英会話スクールを見つけてください。

おすすめのオンライン英会話スクール

スクール名特徴
≫mytutor(マイチューター)
留学・試験対策に特化したオンライン英会話スクールです。「IELTS」「TOEFL」「TOEIC」「職業別ビジネス英語」「ビジネス重要フレーズ1000本ノック」などが人気のコースです。※無料体験レッスン(2回)あり
≫ネイティブキャンプ
パソコンやスマートフォン・タブレットからいつでもどこでも英会話レッスンが受講できるオンライン英会話スクールです。予約不要な「今すぐレッスン」などの多彩なコース設定が人気です。7日間無料トライアル実施中
≫オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)
講師はビジネス経験保有者に限定しており高品質なビジネス英会話が受講可能。無料体験レッスン実施中

英語アプリ

スキマ時間を利用して英語学習に取り組みたい方は「スマホのTOEIC対策アプリ」を利用すれば場所を選ばずに英語学習が可能です
TOEIC(R)スコアアップを本気で目指すビジネスマン・学生に人気のアプリ

・スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)


ココがポイント

  1. 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ式レッスンは、 ビジネスにもプライベートにも使える英語が満載! レッスンでは、ストーリーを楽しみながら、 よく使う単語のチェックや言い回しを クイズや一流講師による動画解説で気軽に学んでいくことができます。
  2. レッスンは最短2分から受けられるので、忙しくても大丈夫! 通勤・通学の合間や、スキマ時間に、 特別な教材を準備しなくても受けられます!
  3. レッスンを受けていくと、あなたの聞き取れない原因を分析して その克服のためのレッスンをご用意。 楽しみながら自然に英語が上達していきます。

継続できる3つのポイント

  • 学習を“習慣化”させるための便利な機能がもりだくさん!
  • 学習成果が可視化されることで苦手な問題や成長を実感!
  • 英語学習の継続を支える夢中になれるインターフェイス

7日間無料体験はコチラ

まとめ

これまでリストラ対策に有効なスキルとそのうちの一つである「英語(TOEIC)」のスキルアップ方法について解説してきました。

最後に内容をまとめます。

リストラ対策として有効な手段の一つに挙げられている「5大スキル」は次のとおりです。

  1. コミュニケーションスキル
  2. セールス&マーケティングスキル
  3. ITスキル
  4. 語学スキル
  5. ソーシャルメディアスキル

語学スキル=「英語(TOEIC)」におススメの学習方法は次の2つです。

  1. オンライン英会話
  2. 英語アプリ

語学スキル=「英語(TOEIC)」が必須スキルといわれて久しい時代となりました。

しかし幸いなことに昔と違ってIT(情報技術)の飛躍的な進歩によって様々な英語力向上のツールが利用できるので、本人のやる気次第で短期間でもTOEIC得点アップが可能です。

リストラ対策のためにスキルアップをしようと考えているなら、今回紹介したツールなどを参考にしながらあなたの語学スキル向上に向けてまずは身近な努力から始めてみてください。

動き出した人から人生は少しづつ変わっていきます。

記事内で紹介した英語(TOEIC)学習ツール一覧

スクール名特徴
≫mytutor(マイチューター)
留学・試験対策に特化したオンライン英会話スクールです。「IELTS」「TOEFL」「TOEIC」「職業別ビジネス英語」「ビジネス重要フレーズ1000本ノック」などが人気のコースです。※無料体験レッスン(2回)あり
≫ネイティブキャンプ
パソコンやスマートフォン・タブレットからいつでもどこでも英会話レッスンが受講できるオンライン英会話スクールです。予約不要な「今すぐレッスン」などの多彩なコース設定が人気です。7日間無料トライアル実施中
≫オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)
講師はビジネス経験保有者に限定しており高品質なビジネス英会話が受講可能。無料体験レッスン実施中

英語アプリ特徴
≫スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)
微妙に忘れがちな中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策まで対応!
最短1回3分から!スキマ時間で本格TOEIC(R)対策をすぐ始められます。

リストラ対策スキル

-資格取得・語学
-, , , , , , , , ,

© 2021 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術