リストラの現実 リストラ状況・情報

一般人材が直面する可能性がある「12の試練」

今後、一般のビジネスパーソンが直面する可能性のある「12の試練」です。
会社が残って欲しい人材(特に中高年)は全体の2割といわれています。つまり8割の人材に可能性があることになります。

1.降格、減給、ベアや定昇停止
2.出向・転籍
3.転勤(遠隔地、海外など)
4.未経験、不向き部署へ異動
5.職種転換
6.「リストラ部屋」送り
7.ノルマの厳しい部署へ異動
8.雑用部署(郵便仕分けなど)へ異動
9.自宅待機
10.キャリア研修、転職準備研修受講
11.職場で村八分
12.リポートの頻繁な提出義務

(日経ビジネス2012.6.18号より抜粋)

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラの現実, リストラ状況・情報
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術