注目の記事 PICK UP!

一般人材が直面する可能性がある「12の試練」

今後、一般のビジネスパーソンが直面する可能性のある「12の試練」です。
会社が残って欲しい人材(特に中高年)は全体の2割といわれています。つまり8割の人材に可能性があることになります。

1.降格、減給、ベアや定昇停止
2.出向・転籍
3.転勤(遠隔地、海外など)
4.未経験、不向き部署へ異動
5.職種転換
6.「リストラ部屋」送り
7.ノルマの厳しい部署へ異動
8.雑用部署(郵便仕分けなど)へ異動
9.自宅待機
10.キャリア研修、転職準備研修受講
11.職場で村八分
12.リポートの頻繁な提出義務

(日経ビジネス2012.6.18号より抜粋)

関連記事

  1. リストラの変遷・状況

  2. ~「追い出し部屋」はもう古い~リストラの最新手法

  3. 「クビになる」ことは「離婚」や「パートナーとの死別」よりも深い心の傷を作る(GIGAZINE)

  4. 人事部経験者が語る「リストラ候補として目を付けられる社員のタイプ」とは?

  5. リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

  6. 40代・50代の過半数はリストラに不安を抱えている

  7. リストラの現実その4「早期退職した結果、家を手放す羽目に…」

  8. リストラの現実その2「親会社のリストラでところてん式に押し出された40代」

  9. 会社が早期退職募集を開始した時にチェックすべき4つの注意点




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP