リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その2「親会社のリストラでところてん式に押し出された40代」

更新日:

大手N電気系列のソフトウェア開発会社で働いていたSさんは、43歳でリストラ対象になった。1985年に地方の国立大学を卒業、専攻は情報処理学。銀行のオンラインシステム、地方自治体の住民管理システムなどの開発に、システムエンジニア兼プログラマーとして関わった。
慣例では、40代になればセールスエンジニアや営業、総務や経理などの事務管理部門に異動するところだが、同じタイミングで親会社をリストラされた人たちが大量に流れ込み、ところてん式に押し出された。一緒に解雇された25人の中には、35歳の若さの人もいたという。

その後、2年経った正月に夫婦喧嘩をきっかけに家出。2週間の野宿生活の後、古紙回収の日雇いアルバイトで生計を立て、いまでは簡易旅館やネットカフェを泊まり歩いている。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リストラの現実, リストラの厳しすぎる現実
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.