注目の記事 PICK UP!

リストラの現実その2「親会社のリストラでところてん式に押し出された40代」

大手N電気系列のソフトウェア開発会社で働いていたSさんは、43歳でリストラ対象になった。1985年に地方の国立大学を卒業、専攻は情報処理学。銀行のオンラインシステム、地方自治体の住民管理システムなどの開発に、システムエンジニア兼プログラマーとして関わった。
慣例では、40代になればセールスエンジニアや営業、総務や経理などの事務管理部門に異動するところだが、同じタイミングで親会社をリストラされた人たちが大量に流れ込み、ところてん式に押し出された。一緒に解雇された25人の中には、35歳の若さの人もいたという。

その後、2年経った正月に夫婦喧嘩をきっかけに家出。2週間の野宿生活の後、古紙回収の日雇いアルバイトで生計を立て、いまでは簡易旅館やネットカフェを泊まり歩いている。

関連記事

  1. リストラの現実その4「早期退職した結果、家を手放す羽目に…」

  2. 40代・50代の過半数はリストラに不安を抱えている

  3. リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

  4. 人事部経験者が語る「リストラ候補として目を付けられる社員のタイプ」とは?

  5. 早期退職、こんな考えで決断しては危険

  6. 会社が早期退職募集を開始した時にチェックすべき4つの注意点

  7. 仕事ができてもリストラに…そんな世の中の生き延び方

  8. リストラの現実その6「リーマンショックによるリストラで日雇労働へ…」

  9. リストラの現実その1「出向先のブロイラー小屋(追い出し部屋)で電話勧誘を強要」




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP