注目の記事 PICK UP!

人事部経験者が語る「リストラ候補として目を付けられる社員のタイプ」とは?

企業はリストラ行うとき、通常自社の人材を三つのグループに分けます。

●幹部候補の「期待人材」
●平均的な能力・仕事ぶりの「標準人材」
●パフォーマンスが低く、他職種・他社への配置転換が望ましい「転進人材」

業績が悪化したり、他社に買収されたときにまっ先に退職勧告を受けるのはもちろん「転進人材」です。ここでは「転進人材」=リストラ候補として目を付けられる社員のタイプを紹介します。

【人事部経験者が語る「リストラ候補として目を付けられる社員のタイプ」】

・能力が高くても、言動も含め一緒に仕事をしたくないと思われている「周りから人気のない」人

・短期間で部署を転々としているような人

・上にペコペコ下にガミガミタイプの人

・過去の成功にしがみついている人

・いわゆる担当課長や部付きポストにいる人

・問題意識がない、やりたいことがない、想像力がない人

・あらかじめ与えられたミッションのみを黙々とこなしている人

・仕事を選り好みする人

(週刊ダイヤモンド2013.5.11号及びプレジデント2015.2.16号の特集を基に作成)

関連記事

  1. リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

  2. 40代・50代の過半数はリストラに不安を抱えている

  3. 一般人材が直面する可能性がある「12の試練」

  4. リストラ対象は、なぜ「45歳以上・管理職・中高年スタッフ職」なのか

  5. ~「追い出し部屋」はもう古い~リストラの最新手法

  6. 会社ごとに違う「クビにしたい人」の意外な基準~ある大手企業で「肩たたき=リストラ」された人の共通点と…

  7. 早期退職、こんな考えで決断しては危険

  8. リストラの現実その4「早期退職した結果、家を手放す羽目に…」

  9. クビ切り(リストラ)になる会社員の特徴ランキング




amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP