注目の記事 PICK UP!

「50代から40代まで低下」低年齢化進む退職勧奨

「50代から40代まで低下」低年齢化進む退職勧奨

景気回復で一巡したように見える企業の人員削減(=リストラ)。しかし「追い出し部屋」など表に出ない退職勧奨はいまだに一部で横行し、現役世代を苦しめている。

【希望・早期退職の年齢別募集状況】

早期退職年齢別



さらに深刻なのは、上表を見てわかるとおり早期退職の対象年齢が年々低下していること。2011年から2015年までの5年間で希望・早期退職を実施した主な上場企業のうち、38%で最も多かったのは40歳以上だった。
バブル経済崩壊後の「失われた20年」では、早期退職者は主に50歳以上で失業者の3割近くに上っていた。近年はそれが大きく低下していることになる。
40歳といえば、バブル経済の恩恵を知らず、就職氷河期に企業に入り、伸び悩む賃金にも耐えながら、仕事に汗を流してきた世代だ。そうした働き盛りを迎えた世代にも、早期退職の波が容赦なく襲う厳しい現状がみてとれる。

(週刊ダイヤモンド2016.2.20号より抜粋・編集)

関連記事

  1. ~「追い出し部屋」はもう古い~リストラの最新手法

  2. リストラの現実その6「リーマンショックによるリストラで日雇労働へ…」

  3. リストラの変遷・状況

  4. 会社が早期退職募集を開始した時にチェックすべき4つの注意点

  5. 「クビになる」ことは「離婚」や「パートナーとの死別」よりも深い心の傷を作る(GIGAZINE)

  6. リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

  7. 人事部経験者が語る「リストラ候補として目を付けられる社員のタイプ」とは?

  8. リストラの現実その3「一流商社経理マンの誤算」

  9. 一般人材が直面する可能性がある「12の試練」

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP