追い出し部屋関連 リストラの現実 リストラ状況・情報

「50代から40代まで低下」低年齢化進む退職勧奨

「50代から40代まで低下」低年齢化進む退職勧奨

景気回復で一巡したように見える企業の人員削減(=リストラ)。しかし「追い出し部屋」など表に出ない退職勧奨はいまだに一部で横行し、現役世代を苦しめている。

【希望・早期退職の年齢別募集状況】

早期退職年齢別

さらに深刻なのは、上表を見てわかるとおり早期退職の対象年齢が年々低下していること。2011年から2015年までの5年間で希望・早期退職を実施した主な上場企業のうち、38%で最も多かったのは40歳以上だった。
バブル経済崩壊後の「失われた20年」では、早期退職者は主に50歳以上で失業者の3割近くに上っていた。近年はそれが大きく低下していることになる。
40歳といえば、バブル経済の恩恵を知らず、就職氷河期に企業に入り、伸び悩む賃金にも耐えながら、仕事に汗を流してきた世代だ。そうした働き盛りを迎えた世代にも、早期退職の波が容赦なく襲う厳しい現状がみてとれる。

(週刊ダイヤモンド2016.2.20号より抜粋・編集)

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-追い出し部屋関連, リストラの現実, リストラ状況・情報
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術