リストラの現実 リストラ状況・情報

40代・50代の過半数はリストラに不安を抱えている

40代・50代の過半数はリストラに不安を抱えている

リストラが拡大する中で、自分自身がリストラの標的にされると思っている人はどのくらいいるのだろうか。
 リストラの不安が「かなりある」「多少ある」と回答した人は46.3%に上った。世代別に見ると20代は37%であるが、40代は55.9%、50代は53.3%と過半数がリストラされるかもしれないという不安を抱えている(図6)。
 一般的に人事考課の業績がリストラの第一の基準とされているが、たとえ業績が普通でも「年齢が高い」「給与が高い」「管理職である」「不採算部署にいる」など、別の理由で標的にされるケースも多い。不安の増大は「なぜあの人がリストラに」という現実を目の当たりにしているからではないか。

リストラデータ

ではリストラの宣告を受けたらどうするのか。驚くのは「退職に絶対に応じない」は約10%であり、「必要ないと言われれば本望、応じる」「条件次第で応じる」という人が約90%もいたことである(図7)。それぞれ気持ちは複雑であろう。しかし、ショックのあまり自暴自棄になるのは危険だ。大手再就職支援会社の役員は「退職に応じた2割の人は会社に対する不満や恨みを抱え、それがいつまでも尾を引き、再就職先が決まらないという事態も起きている」と話す。残された家族のことを考え、簡単に同意の判子を押すのではなく、もっと踏みとどまってもいいのではないだろうか。

(プレジデント2009.7.13号の特集を抜粋)

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラの現実, リストラ状況・情報
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術