リストラ防衛戦略 リストラ防衛術

これをやったらたちまちアウト!べからず集

①ダメ上司でも批判厳禁

そんな上司でもすぐには交代しない。人事評価権が向こうにある以上勝ち目なし。

②酒の席でも言葉に注意

ノンアルコールの参加者が増え、酒のうえでの失言が許されない時代に。

③残業量は熱意にあらず

長時間労働が許されるのは35歳くらいまで。40代以降はマイナス評価に。

④すねない、腐らない

勤務態度が悪いベテランはリストラ候補の上位。悪い評判はすぐに広がる。

(プレジデント2015.2.16号の特集を抜粋)

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラ防衛戦略, リストラ防衛術
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術