リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

近鉄、社員数600人削減へ コロナで業績悪化、早期退職募集(共同通信)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●営業キロ数で国内最大の私鉄となる近畿日本鉄道が早期退職の募集を含む人員削減計画を発表しました。 新型コロナウイルス感染拡大で利用客が落ち込み、急速に業績が悪化したことに対応するもので、早期退職は45歳以上の管理職と社員を対象に募集人数を設定せず3月1日から24日まで募集します。 近畿日本鉄道は26日、2019年度に7200人だった社員数を600人減らす人員削減計画を発表した。新型コロナウイルス感染拡大で利用客が落ち込み、急速に ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

青山商事の希望退職、募集人数を200人超上回る609人が応募(東京商工リサーチ)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●東証1部上場の紳士服販売大手「青山商事」が、2020年11月10日付で公表していた希望退職に募集人数を200人超上回る609名が応募したことを発表しました。 希望退職の募集結果に関するお知らせ(青山商事) 紳士服大手の青山商事(株)(TSR企業コード:720045720、福山市、東証1部)は2月22日、12月から募集を行ってきた希望退職の応募人数が609人に達したと発表した。 募集人数は400人で、計画より209人多い。 今期 ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

カシオ、希望退職者の募集結果を発表 45歳以上の一般社員や50歳以上の管理職が対象(ITmedia ビジネスオンライン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●東証1部上場の電機メーカー「カシオ計算機」が、2020年12月23日付で公表していた早期希望退職優遇制度に81名が応募したことを発表しました。 対象者は同社の営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員のうち、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職社員で、退職日は5月20日となります。 また退職者には通常の退職金に特別退職金を加算して支給され、それらの費用については2021年3月期決算において特別損失として約12 ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

【2021年2月(1-15日迄)】 主企業の早期退職募集ニュースまとめ (JT、リーガル)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●JT(2021/2/9)  日本たばこ産業(JT)は9日、社員1000人の希望退職を含めたグループでの約3000人の大規模な人員削減を実施すると発表した。工場閉鎖に加え、全国の支社を削減することなどで、事業規模を縮小させ、国内のたばこ需要減少に対応する。  今回、九州工場(福岡県筑紫野市)と子会社の日本フィルター工業の田川工場(同田川市)を来年3月末で廃止することを決定。同時に、現在国内に145ある営業拠点を47拠点体制にする ...

続きを読む

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

【2021年1月】 主企業の早期退職募集ニュースまとめ (三陽商会、佐鳥電機)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●三陽商会(2021/1/22)  三陽商会は1月21日、希望退職者の募集を実施すると発表した。従業員を対象に、募集人員は150人程度としている。  募集期間は2月15日~3月5日で、退職日は3月31日。退職者は会社都合として扱い、所定の退職金に加えて特別退職金を支給する。また、希望者には再就職支援会社を通じた再就職支援も行う。  同社は、1月29日まで「セカンドキャリア支援制度」として40歳以上の正社員を対象に早期退職者を募集 ...

続きを読む

仕事 リストラ防衛戦略

ミドル世代の転職、面接官が重視するポイントは?(マイナビニュース)

◆先日、転職サイト「エンジャパン」からミドル世代転職の面接ポイント調査が発表されました。結果をみますとやはり「専門知識・経験」や「柔軟性」が高く求められています。常日頃から固定観念に縛られない柔軟性を持ちつつ高い専門性を駆使してハイパフォーマーとして活躍することが転職・再就職を成功させる一番の近道ということになるようです。

エン・ジャパンはこのほど、「ミドル世代(30代、40代)の面接で面接官が見ているポイント」に関する調査の結果を発表した。調査は2016年11月30日~12月7日、同社が運営する転職サイト「ミドルの転職」を利用する転職コンサルタント104名を対象に、インターネット調査で行われた。

面接で面接官が見ているポイントについて聞いたところ、「専門職種の知識・経験」(84%)が1位に。「ミドル世代が転職する場合、社会人経験の長さゆえ経験に裏打ちされた専門性が求められる」「若手層であればポテンシャルも考慮されるが、ミドルの場合は即戦力として採用したい企業がほとんどのためコアスキルが求められる」など、年齢や社会人歴の長さと比例した専門性が重視されることがわかった。

続く2位は「マネジメント能力」(39%)。「社内のマネジメント層不足のため」「年齢バランスから考慮し、管理者能力を重視する」など、現状の社内構成や人員配置上、ミドル世代を積極的に採用する企業が多いよう。

3位は「人柄」(34%)で、「スキルや経験は書類選考で判断できるため、面接では人柄は重要視される」「いくら即戦力でも、入社後に活躍・貢献できるかは人柄次第と考えている企業が多い」など、対面で実施する面接だからこそ見極められる人柄を重視していることが伺えた。

続いて、「企業が重視する人柄」について聞くと、「柔軟性」(66%)が1位に。「年齢が上がれば上がるほど、固定概念に縛られない柔軟性が求められる」「新しい環境において過去の経験にとらわれすぎず、自分を変えられるかどうかが重要」といった声が多く見受けられた。

次に多かったのは「適応力」(48%)で、「いかに早くなじめるか、良好な人間関係を築けるか、適応性が問われるため」「年収や役職レンジが高い人ほど、文化や風土になじめるか見極められる」といった意見。また、「新たな環境では自ら動き、周りを巻き込みながら能力を発揮することが必要」「ミドルの転職であっても、受け身にならず主体的に動ける行動力が求められているため」など、「主体性」(46%)を重視する企業も多かった。

「悪印象を与えてしまう求職者の行動」としては、「ネガティブな転職理由」(53%)、「応募先企業の理解不足」(47%)、「横柄な受け答え」(35%)が上位に並んだ。

「ネガティブな転職理由」については、面接官に「何事もネガティブに捉える印象を持たれ、入社後も短期間での退職が懸念される」、「応募先企業の理解不足」には「転職活動における基本ができていないと判断され、人柄や能力も同様に評価されがちになる」といった声が寄せられた。さらに、「横柄な受け答え」では、「志望意欲が感じられず、入社後に周囲の社員と円滑に就業できるイメージが持てない」といったコメントがあった。

(マイナビニュース)

リストラ対策スキル

-仕事, リストラ防衛戦略
-, , , , , , , , ,

© 2021 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術