早期退職は損か?得か?割り増し退職金はいくら(オールアバウト)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●「早期退職」及び「割増退職金」についてまとめられたニュースです。 ≪要旨ポイント≫ ・早期退職には2種類ある…「選択定年制」と「早期希望退職制度」 ・選択定年制… ①従業員の世代間の人員バランスの均衡や定年前に転職や独立を考える従業員の支援などを目的として、人数を限定することなく随時募集する退職制度のひとつ(常設された人事制度)。 ②優遇措置には、 退職一時金の優遇(支給率を加算して定年退職扱いにする、実勤務年数に定年までの年 ...

ReadMore

「クビになる」ことは「離婚」や「パートナーとの死別」よりも深い心の傷を作る(GIGAZINE)

●「解雇」(クビになる)されたときは「離婚」や「パートナーとの死別」よりもより深く心の傷を作り、その傷は年月を経ても完全には回復しないという驚きの調査結果を報じたものです。この結果は「仕事」(=働くこと、社会的地位を得ること、社会に貢献すること)が人生において大きな意味を持つことを意味していると考えられます。 [s_ad] つい先日、FBI長官がドナルド・トランプ大統領にクビを宣告されましたが、横暴な上司によるクビキリはいつの時代のどこの世界でもあるものです。しかし「お前はクビだ!」と言い渡された人が負う ...

ReadMore

リストラの現実その6「リーマンショックによるリストラで日雇労働へ…」

都内の私大を卒業し、鉄道関連の工事会社に入社したNさん(42歳)。7年間勤務した後、30歳で鉄道の信号などを製造する大手企業に転職を果たす。だが、年収500万円を超え順風満帆かに見えた並木さんの人生は、33歳のとき、突然狂い始める。 「ある日突然部長に呼び出されて、『申し訳ないが来月いっぱいでお願いしたい』と。リーマンショックの影響によるリストラでした。若手だったし、まさか自分がクビになるとは思っていなかったので参りましたよ」 その後は失業保険とアルバイトで食いつなぎ再就職先を探したものの、リーマン直後と ...

ReadMore

リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

「リストラ、リストラ、リストラ…。結局3回もリストラされました」と語るのは元大手総合電機メーカーの管理職だったCさん(当時55歳)。 Cさんは大学卒業後、大手総合電機メーカーに入社し40代後半には管理職に昇進するが業績不振のあおりを受けリストラ対象に。会社をリストラされたのは47歳の時でした。当時の私は空調システム部の課長に昇進したばかりでこれから頑張らなければと思っていた矢先でした。もう目の前が真っ暗になった。仕事で大きなミスを犯したことなんてなかったし、会社に対して不平不満を言ったこともありません。そ ...

ReadMore

シャープ、東芝……希望退職の「割増金」はいくらが相場か(プレジデントオンライン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●リストラ・早期退職制度を実施した大手企業(シャープ、東芝)の割増退職金額を報じたニュースです。一般的にリストラが継続される場合は、割増分については減額されていく(※後の方が割増分が有利になると「待とう」という心理が働き、希望退職者が激減するため)と言われていますがどうやら事実の様です。 [s_ad] ■退職一時金はなくなる可能性も 退職金の額は企業規模で異なる。大企業の退職金の平均額は大学卒・総合職の60歳で約2358万円(経 ...

ReadMore

東芝、シャープ…他 経営難企業の退職金は意外と悪くない(NEWS ポストセブン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●経営難からリストラ・早期退職制度を実施した大手企業の退職金額を報じたニュースです。 [s_ad]  サラリーマンの老後の生活を支える「退職金」。かつては年功賃金・終身雇用を前提に整備されていたが、それが今、激変の最中にある。年功よりも実質的な会社への貢献度を評価する「ポイント制」の導入や、確定拠出型年金への一本化などにより、人事評価も退職金額に直結するシビアな時代となった。  その一方、経営難の企業で退職金が高くなることもある ...

ReadMore

リストラの現実その4「早期退職した結果、家を手放す羽目に…」

3年前に勤務していた印刷会社の業績が悪化、一旦早期退職した形で契約社員になったというAさん。 「事実上のリストラですね。仮に定年まで残っても退職金の額は変わらない、ヘタすれば減るかもしれないと言われたんです。雇用条件の悪い下請けに飛ばされた同僚もいました。勤務先はいわゆる同族企業だったので、コネのない自分に出世は見込めませんでしたから賢い選択かなと」 退職時の肩書は課長だったが、半年前に昇進したばかりだった。「後で『課長以下の人間はリストラの対象としない』と聞いて、もしかしたら最初からリストラ要員だったの ...

ReadMore

早期退職に伴う“割増退職金”の相場はいくら?(ライブドアニュース)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●「希望退職制度」による退職金の割増に関する最新情報についての記事です。 [s_ad]  ひところ前に比べると、景気は上向いているらしい。が、貰える給料が増えたわけでもないし、暮らしが楽になったわけでもない…と感じている人は少なくないだろう。さらに、「リーマンショック級」ともいわれるイギリスのEU離脱が控えるなど、先行きには不安が募るばかり…。 そんな時代だからこそ知っておきたいのが、「希望退職制度」による退職金の割増について。 ...

ReadMore

ソニー退職金は勤続35年で2700万円 早期退職で7000万円超も(週刊ポスト)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●かつてのソニーでの早期退職時の割増条件に関するリストラ関連記事です。大企業・一流企業の退職金割増条件(加算金)のレベルや複数回リストラが実施される場合は「初回の割り増し条件が一番が良い」ことなどがわかります。 [s_ad] サラリーマンの老後資金の虎の子ともいえる「退職金」。かつては年功賃金・終身雇用を前提に整備されていたが、それが今、激変の最中にある。 それはつまり、“賃金の後払い”という位置づけの退職金が、「同じ会社でも、 ...

ReadMore

リストラの現実その3「一流商社経理マンの誤算」

大手総合商社に入社し財務部門で働いていたB氏(58歳)が、希望退職募集に応募し会社を辞めたのは1999年、46歳の時だった。 一流商社の経理マンと言う経歴に自信を持っていたうえ、40代半ばだったこともあり、転職先には事欠かないと考えていた。 ところが約1年間ほど転職支援会社や公共職業安定所に通ったが、転職先は見つからない。ようやく零細不動産会社へ入社したものの2年で解雇されてからは中年フリーターへ転落。 アルバイトで生計を立てる日々が続き、やがて消費者金融で借金を重ねるようになった。ついには借金が1000 ...

ReadMore

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.