リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

サンケン電気120人の早期退職募集に対して想定を上回る131人が応募、11月30日で退職(日本経済新聞)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●7月18日に不採算事業からの撤退と120人の早期退職募集を柱とする構造改革策を発表した「サンケン電気」の特別早期退職プログラムに想定を上回る131人が応募したことを発表しました。

対象となったのは45歳以上かつ勤続年数3年以上の従業員で退職日は11月30日です。

退職者には通常の退職金に加え特別加算金支給と人材紹介会社による再就職支援(希望者のみ)が行われるとともに、この施策に伴うリストラ費用として16億8000万円の特別損失を計上する予定とのことです。

サンケン電気は(7月)18日、不採算事業からの撤退や120人の早期退職募集を柱とする構造改革策を発表した。米子会社で米ファンドを割当先とする第三者割当増資を実施して2億9100万ドル(約330億円)を調達し、対策費用に充てる。

コンピューターやテレビなど向けの標準的な電源モジュールの事業から撤退する。車載機器や産業機器などに向けた付加価値が高い製品に絞り込む。また45歳以上の社員を対象とする早期退職を募集する。募集人数は本体の社員数の約1割にあたる120人。

(日本経済新聞)

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラNEWS, 希望・早期退職者募集状況
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術