注目の記事 PICK UP!

[定義]リストラとは?

日本企業を取り巻く経営環境とリストラ状況

近年の世界的な政局不安を始め、英国のEU(欧州連合)離脱問題、中国経済の減速、為替の急速な変動、さらにはますます拡大する国際テロの脅威やここ最近では朝鮮半島有事の可能性など様々な要因からグローバル経済は不透明でハイリスクな環境となり、その結果日本企業は常に熾烈な国際競争の波にさらされています。

この競争に打ち勝つためには厳しい経営効率化が求められ、余剰人員を雇い続ける余裕が無くなったことからいわゆる「リストラ」は常態化され、かつての「定年」と同じビジネスパーソンの宿命といえる時代となっています。

また最近では、安泰と思われた名門企業・大企業が、不祥事などを起こして一気に業績不振に陥ってしまい、業績回復のため経営再建計画の一環として「リストラ」に打って出るケースも散見されます。

更にはAI(人工知能)の急速な進化により「10~20年後には、日本の労働人口の約半分の仕事がAI(人工知能)やロボットで代替可能になる」、「フィンテック・AI(人工知能)により金融業界で大失職時代(リストラ)がやってくる」などが頻繁にメディアで報じられ始めています。

このように「リストラ」は言うまでもなく「希望退職制度・早期退職制度」「40歳定年時代」「年功序列制度破綻」などの言葉も普通に見聞きする昨今、逃げ切り世代などもはや存在しません。

リストラ」は人ごとではなくビジネスパーソンならば、誰もが「明日は我が身」となっているのです。

このサイトではこの様な時代を生き残っていくためにリストラ関連情報を中心に再就職・転職、英会話学習・資格取得、独立・起業、マネーなど中高年をはじめ中堅・若手社員全てのビジネスパーソンの方へ役立つ情報を発信していきます。

リストラとは?

リストラとは、正式には「リストラクチャリング」といい企業が環境の変化に柔軟に対応をし、事業を効果的に再構築することをいいます。
コア事業・成長分野に対して経営資源の集中投資を行い、収益増加の為に経営改革を実行したり、事業展開の再編成を通じて組織の活性化を図ったりして、経営効率を高めていきます。また、収益の良くない事業を縮小、売却、分社化などで再編し、人員や有利子負債を縮小していきます。
しかし、収益建て直しのための合理化策だけがリストラクチャリングと呼ぶわけではなく、成長部門や新規部門などの強化、人材の育成・従業員のモチベーション向上をすることもリストラクチャリングの1つです。

ここでは会社を解雇されたり減給にされたりする方の意味のリストラの事を紹介していきます。そのリストラには更に2パターンあり、給料・ボーナスまたは退職金などの賃金カットや正社員から委託社員やパートなどに格下げされる「労働条件」がらみのリストラと、希望退職者を募集したり子会社や関連会社に転勤させられたりする「人数削減」のリストラの2パターンがあります。

主な上場企業の希望・早期退職者募集状況推移

 

 

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP