注目の記事 PICK UP!

悲しきリストラ候補の社員たち――自分達の仕事を奪う「AI導入」をサポートしなければならない…(日刊SPA!)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●人工知能(じんこうちのう、artificial intelligence、AI)=「人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させるテクノロジー」の著しい進化により仕事を奪われる、こんな時代がもうそこまできているようです。今回の記事では、SE職の現場で行われ始めているAIへの自動化とそれに伴う早期退職者募集、しかも導入されたAIの調整・サポートをリストラ候補者がしなければならないという厳しい現実についての生々しい証言を紹介しています。

人工知能(AI)の進化によって仕事を奪われる――。そんな話を聞いたことがある人も多いだろう。すでに、「ロボットが接客する世界初のホテル」や「ドバイ警察がロボコップを正式採用」など象徴的な事例はあるが、我々の職場にも「AI化」は日々忍び寄っているのだ。

◆人間以上の能力を持つAIが職場にやってきた!

プログラムを生業とするSEとして、AIの脅威をまざまざと見せつけられているという大石哲也さん(仮名・47歳)。

「プログラムの現場にはすでにAIが導入されていて、例えばシステムのテストなどを担当しています。テストというのは、結構、高度な作業だったはずなんですが、AIはあっさりやってのけるうえに、人間より圧倒的にスピードが速いのだから恐ろしいですよ」

社内全体でも、伝票整理などの定型作業をAIで自動化する動きが現実味を帯びているという。

「『ビズロボ』というサービスがありまして、その処理速度は人間の10倍以上、それなのにコストは1人分くらいとか。人を2人減らしてサービスを導入すればお釣りがくるんです。人事や総務の人間は目を輝かせていますよ」

そしてついに、先月から早期退職者の募集が始まったという。

「普通は50歳以上が対象になるんですが、今回は40歳以上から。しかも人数上限なし。『派手にやるもんだなあ』と唖然としますね」

皮肉なことに、導入された「ビズロボ」の調整作業などは、リストラ候補の人々が行うという。

「結局、作業内容を把握している担当者が、自社のフォーマットに沿って調整するしかありませんよね。でもビズロボが稼働し始めたら、その担当者の仕事はなくなってしまうわけで、その先どうするのかと。自分で自分の首を絞めているようで、矛盾を感じますね」

どうにか会社に残るためには、自分の固定客をつくったり、交渉やプロジェクト管理などの能力をアピールしなくては――と厳しい表情の大石さん。

「最近は、ガラにもなく他部署にご機嫌伺いに行ったりしてます。『困ったことあったら声掛けてくださいね』なんてね」

― AI時代に[生き残る人・消える人]の境界線 ―(日刊SPA!)

関連記事

  1. 見えづらい「独身のデメリット」を軽視してはいけない(ライブドアニュース)

  2. 解体進む東芝 虎の子の半導体事業売却を妨げる「因縁」(NEWSポストセブン)

  3. 折り紙の老舗、大與紙工(株)が破産開始決定(東京商工リサーチ)

  4. 大日本住友が早期退職募集 45歳以上250人が対象、特許切れで売り上げ減(産経ニュース)

  5. シャープ、3000人削減を検討…年度内にも(Yahooニュース)

  6. メットライフ生命のリストラで旧アリコ社員“狙い撃ち”(ヤフーニュース)

  7. ニコン、希望退職に1143人が応募 国内社員の1割(朝日新聞デジタル)

  8. 革新機構と母体3社、ルネサス株2割強を売却(ロイター)

  9. シャープ退職、1年後の現実 収入半減・持病抱え求職…(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP