注目の記事 PICK UP!

大企業にリストラ報道 中高年サラリーマンはどう生き残る(日刊ゲンダイDIGITAL)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●記事要旨
中高年サラリーマンがリストラの影響で再就職を目論んでも「大企業のエゴ」を抱えたままでは次が決まる可能性は低い。そこで
「自分の仕事を棚卸」して何ができて何ができないかを見直すこと
・ほとんどの場合は中小企業への再就職をなるので「中小企業の風土になじむ意識改革」をすること(具体的には小さい仕事をいとわないこと
・逃げ足の速さよりも変わり身の巧みさが重要

「どうなるのかしら」――サザエさんも悩んでいるかもしれない。経営再建に揺れる東芝は、子会社・東芝メモリの売却が二転三転し、売却阻止の法廷審理の行方次第でどうなるかわからない。そんな雲行きだけに、東芝はサザエさんの番組スポンサーを降りると報じられている。

苦しいのは、東芝だけじゃない。神戸製鋼や日産、商工中金など大企業を巡る暗いニュースが相次いでいる。そこに、みずほをはじめとするメガバンクのリストラ報道も重なった。

安倍政権は数字のゴマカシで雇用状態の改善をアピールするが、大企業の社員も安心できない状況だ。転職しやすい若手はともかく、中高年はどう立ち回ればいいか。人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「“第2のタカタ”を恐れて、東芝からはすでに人材が流出しているというウワサもありますが、“大企業のエゴ”を抱えたまま再就職市場に流れ込んでも次が決まる可能性は低い。自分の仕事を棚卸しして、何ができて、何ができないかを見直すのが1つ。大企業から大企業の再就職は難しいので、うまく就職先を見つけてもほとんどは中小企業です。中小企業の風土になじむ意識改革をするのが2つ目です」

2000年代前半のリストラと今のリストラが決定的に違うのは、企業は業績が悪くないのに人員をカットしようとしていること。“官製相場”の株価を出すまでもなく、メガバンクは好調だ。

「それなのにリストラを急ぐのは、ネットバンクの普及で人材が余っているためで、今後はITやAIによってリストラが進みます。外資系証券のリポートによれば、IT化やAIの流れに対応できるのは30代までで、40代から上はすでに乗り遅れているとしています。つまり、どの部署でもITやAIに近い仕事をマスターするのが、IT化に伴うリストラの波をうまくよけるコツです」

そこで中小企業になじむ対応力だ。

「地元の地銀なら、100万円の預け入れでも担当者が手もみで対応しますが、メガバンクはしません。小さい仕事をいとわないのが中小企業なのです。大企業はチームプレーですが、中小企業は個人プレー。小さい仕事をコツコツ積み重ねることが大切です」

逃げ足の速さより、変わり身の巧みさだ。

(日刊ゲンダイDIGITAL)

関連記事

  1. ローパー退職勧奨、指南ビジネス広がる 複数の人材会社(Yahooニュース)

  2. 2017年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査(東京商工リサーチ)

  3. 三井住友FG、業務4千人分減…20年度までに(読売新聞)

  4. 日立工機買収 従業員、リストラ懸念(茨城新聞クロスアイ)

  5. 50歳以上の早期退職募る 17年中間は経常、最終赤字 -日本電子材料-(ひょうご経済プラス)

  6. 2015年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査(東京商工リサーチ)

  7. 東芝、主力行に融資継続要請 再建協議本格化 リストラ策見極め(産経ニュース)

  8. シャープ、東芝……希望退職の「割増金」はいくらが相場か(プレジデントオンライン)

  9. リストラ中でも「特別賞与」 シャープ「成果出した若手に」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

GEEKLY

楽天市場

くまポン

PAGE TOP