再就職 再就職・独立(起業)

新型コロナで転職先が決まらない早期退職者、前向きになるためにすべきこと(日経クロステック)

◆新型コロナウイルス前後にあたる2019年後半から2020年初頭にかけては、各業界で大手を中心に「事業の新規展開に伴う既存事業」や「人員の見直しに着手する企業」が増加して、いわゆる「黒字リストラ」が実施されたこともあり、多くの早期退職者が転職・再就職活動をスタートさせた時期にあたります。

しかし新型コロナウイルスの感染拡大で中途採用市場も大きな影響を受けていることは言うまでもありません。

そこで現在転職活動中で新型コロナの影響を受けて転職先が決まらない早期退職者の方に向けて「前向きになるためにすべきこと」が記事になっています。

新型コロナで転職先が決まらない早期退職者、前向きになるためにすべきこと(日経クロステック)

記事によりますと

●新型コロナによって離職期間が長引く影響について

(前略)

このタイミングで離職期間が長引くのは仕方ありません。採用面接では、「早期退職制度で3月末に退職しました。退職と並行して転職活動をしていましたが、新型コロナウイルスの影響で人材エージェントとの面談や転職フェアへの参加ができませんでした」と伝えれば、面接官もそれ以上問うことはないと思います。

(以下省略)

●履歴書や職務経歴書作成のすすめ

(前略)

転職活動に対する不安が抑えられないときは、履歴書や職務経歴書を書いてみると気分が落ち着くかもしれません。

例えば「マイナビ転職」のサイトには、「履歴書作成ツール」が用意されています。生年月日や連絡先などを入力すると、履歴書が作成されます。面倒に感じる入学や卒業年度を自動計算してくれる機能もあります。

こうしたツールを使って、履歴書や職務経歴書の7~8割を作ってみましょう。出来上がったものを見ると、何もない状態よりも不安は減ると思います。書類を作ってみることで自分の経歴が可視化されますから、改めて企業探しをします。そして企業の求人票に合わせて職務経歴書の記入ボリュームを変えるなど工夫してみましょう。

(以下省略)

といったことをアドバイスされています。

この時期に転職活動をしている方やこれから転職活動に臨む方には大変参考になる内容ですので一読されることをおすすめします。

新型コロナで転職先が決まらない早期退職者、前向きになるためにすべきこと(日経クロステック)

◆履歴書や職務経歴書などの作成ツールがある転職サイトの紹介

①マイナビ転職

マイナビ転職へ

②doda

dodaへ

③リクナビNEXT

リクナビNEXTへ

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-再就職, 再就職・独立(起業)
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術