「リストラの厳しすぎる現実」 一覧

リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

「クビになる」ことは「離婚」や「パートナーとの死別」よりも深い心の傷を作る(GIGAZINE)

●「解雇」(クビになる)されたときは「離婚」や「パートナーとの死別」よりもより深く心の傷を作り、その傷は年月を経ても完全には回復しないという驚きの調査結果を報じたものです。この結果は「仕事」(=働くこ ...

リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その6「リーマンショックによるリストラで日雇労働へ…」

都内の私大を卒業し、鉄道関連の工事会社に入社したNさん(42歳)。7年間勤務した後、30歳で鉄道の信号などを製造する大手企業に転職を果たす。だが、年収500万円を超え順風満帆かに見えた並木さんの人生は ...

リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

「リストラ、リストラ、リストラ…。結局3回もリストラされました」と語るのは元大手総合電機メーカーの管理職だったCさん(当時55歳)。 Cさんは大学卒業後、大手総合電機メーカーに入社し40代後半には管理 ...

リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その4「早期退職した結果、家を手放す羽目に…」

3年前に勤務していた印刷会社の業績が悪化、一旦早期退職した形で契約社員になったというAさん。 「事実上のリストラですね。仮に定年まで残っても退職金の額は変わらない、ヘタすれば減るかもしれないと言われた ...

リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その3「一流商社経理マンの誤算」

大手総合商社に入社し財務部門で働いていたB氏(58歳)が、希望退職募集に応募し会社を辞めたのは1999年、46歳の時だった。 一流商社の経理マンと言う経歴に自信を持っていたうえ、40代半ばだったことも ...

リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その2「親会社のリストラでところてん式に押し出された40代」

大手N電気系列のソフトウェア開発会社で働いていたSさんは、43歳でリストラ対象になった。1985年に地方の国立大学を卒業、専攻は情報処理学。銀行のオンラインシステム、地方自治体の住民管理システムなどの ...

追い出し部屋関連 リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その1「出向先のブロイラー小屋(追い出し部屋)で電話勧誘を強要」

150㎡ほどの長方形のフロアに隙間なく長机が並び、約200人の中高年が座っている。机には電話が1台ずつ。フロアの端々で目を光らせる自分の子供ほどの若いスタッフに監視され、黙々を電話勧誘を続けている。「 ...

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2018 All Rights Reserved.