週刊新潮 2020年 2/27 号

短期連載「早期退職」の天国と地獄
created by Rinker
¥460 (2020/02/22 09:51:49時点 楽天市場調べ-詳細)

リストラNEWS 希望・早期退職者募集状況

2017年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査(東京商工リサーチ)

●東京商工リサーチが発表した、主な上場企業の希望・早期退職者の募集状況に関する調査結果です。2017年に退職者を募集した上場企業数は25社で前年の18社から7社増えており、「人手不足」が深刻さを増すなかで、希望・早期退職者を募った上場企業数は5年ぶりに前年を上回っています。

これは業績不振から人員削減に踏み切った企業に加えて、業績が好調な時に将来のビジネス展開を見据えて既存事業の構造改革を進めるといった、「攻め」の希望・早期退職募集を実施しているケースも増えていると分析されています。さらには、有効求人倍率が高水準に推移し転職が比較的容易になった雇用環境の緩和も組織スリム化の追い風になっている模様とのことです。

尚、2017年の募集人数の最多は、ニコン(グループ会社を含む)の1,000人。次いで、スズケン(グループ会社を含む)の350人、みらかホールディングス(グループ会社を含む)の350人、ジャパンディスプレイの240人、スリーエフの180人と続いています。

2017年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業は25社になり、前年の18社から7社増えた。「人手不足」が深刻さを増すなかで、希望・早期退職者を募った上場企業数が5年ぶりに前年を上回った。

■希望・早期退職者募集の実施企業、5年ぶりに前年を上回る

2017年に希望・早期退職者募集の実施を公表した主な上場企業は25社になり、前年(18社)を7社上回った。希望・早期退職者募集を実施した上場企業数は、リーマン・ショック直後の2009年は191社にのぼったが、円安進行で輸出産業を中心に大手企業の業績が好転した2013年から減少をたどり、前年(2016年)は調査を開始以来、最少の18社にとどまっていた。

■業種別の最多は、電気機器の8社

 2017年の募集人数の最多は、ニコン(グループ会社を含む)の1,000人。次いで、スズケン(グループ会社を含む)の350人、みらかホールディングス(グループ会社を含む)の350人、ジャパンディスプレイの240人、スリーエフの180人と続く。
募集および応募人数が100人以上は8社(前年8社)だった。また業種別では、日立国際電気、ジャパンディスプレイ、ウシオ電機など電気機器が8社で最も多かった。次に小売が3社と続く。

2017年に希望・早期退職者募集を実施した上場企業数は前年を上回った。これは業績不振から人員削減に踏み切った企業に加えて、業績が好調な時に将来のビジネス展開を見据えて既存事業の構造改革を進めるといった、「攻め」の希望・早期退職募集を実施しているケースも増えていることによる。さらに、有効求人倍率が高水準に推移し、転職が比較的容易になった雇用環境の緩和も組織スリム化の追い風になっていることも見逃せない。
こうしたなか、昨年秋にメガバンク3行が店舗の統廃合や人員スリム化方針を公表した。マイナス金利政策による利ザヤ縮小や、金融とIT(情報技術)を融合した金融サービス「フィンテック」の広がりで、今後の事業環境の厳しさを勘案し、先手を打つ必要があると判断して大規模な構造改革に着手する。みずほフィナンシャルグループは、2026年度末までに約1万9,000人を削減する。また、三菱UFJフィナンシャル・グループは、2023年度末までに6,000人を削減する予定。いずれも新規採用抑制や退職者増加による自然減、取引先への転籍を増やすなどを中心としている。また、三井住友フィナンシャルグループも3年間で4,000人分の業務量削減を打ち出した。
これらは今のところ、希望退職者の募集を予定していない。しかし、今後も業績にかかわらず、企業競争力を高めるための人員の適正化や、新たな事業参入に向けた既存事業の見直しなど、次の事業展開を視野に、人員削減に踏み切る企業が続く可能性もある。

(東京商工リサーチ)

スポンサードリンク

【PR】人気のポイントサイト

あなたの生活をちょっとお得にする裏ワザ盛り沢山!「お得レシピ」更新中!colleee
【PR】

記事カテゴリー

おすすめ記事

1

令和の時代に入り、大企業を中心に「バブル世代切り」のリストラが一気に加速しはじめる 令和の時代に入って従来の「業績不振によるリストラ」に加えて業績堅調な企業が人員構成を修正するなどの理由で将来を見越し ...

2

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 転職エージェントのメリットとデメリット メリット 求人情 ...

3

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 オンライン資格講座一覧 スクール名主な開講講座特徴 スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル ...

4

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

5

「早期希望退職制度(リストラ)」による割増退職金の相場一覧(2012年度~2019年度現在) 【2012年度】 ●シャープ 希望退職者:2960人/特別損失:253億円 →約855万円/人 ●ルネサス ...

6

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由を解説します。 ある日突然やってくるリストラ 現在では「リストラ」は常態化され ...

-リストラNEWS, 希望・早期退職者募集状況
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2020 All Rights Reserved.