リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その8~早期退職した50代、一流企業出身でも再就職先が決まらない現実(日刊SPA!)~

更新日:

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。

●転落した50代のリアルから、社会人後半戦の教訓を学び取ることを目的とした記事です。

●管理職の重圧から逃げるように50歳で早期退職に応募の末、再就職先は警備員(一流メーカー課長代理 年収850万円⇒警備会社 年収300万円)となってしまった男性の話が紹介されています。

年功序列が崩壊したといわれるが、いまだに年齢階層別平均賃金では50代がピーク。しかし、リストラ、転職失敗、介護など、一度道を踏み外せば、いとも簡単に年収300万円以下へと転落する。バブル期に入社し、「恵まれていたクセに」と同情もされない悲しい世代の横顔は、明日の我が身だ。今まで語られることのなかったそんな転落50代のリアルから、社会人後半戦の教訓を学び取る。

◆管理職の重圧から逃げるように早期退職の末、再就職先は警備員
▼一流メーカー課長代理 年収850万円⇒警備会社 年収300万円

「まさに年功序列・終身雇用で、のんびり仕事していれば一生安泰だと思っていました。運動会の練習に2週間もかける会社でしたから」

山口直人さん(仮名・56歳)の言葉通り、40代までは順風満帆。開発部の課長代理にまで上り詰め、年収は850万円に。バブル崩壊やリーマンショックを経てもリストラの嵐は吹き荒れず、このまま定年まで逃げ切りかと思われた50歳の時、転機は突然に訪れた。

「会社が早期退職者を募集しまして。正直、管理職が重荷になっていたので応募しました。自分は上司の指示に従うのは得意なのですが、責任やプレッシャーは苦手なタチで。板挟みの中で、燃え尽きた感もありました」

こうして退職を決断したものの、以降半年間、20社以上の面接を受けても再就職先は決まらなかった。

「会社を出て、初めて時代が変わっていたことを知りました。上司に『外に出たら、プライドは全部捨てろ』と言われた意味が、ようやく理解できました」

結局、これまでのキャリアを捨てて警備会社に就職。専業主婦の妻もパートに出るようになった。

「『働きになんて出たくない』と言われましたが、頭を下げるしかないですよね。このまま年金支給までは頑張りたいですが、先が長くて、それまで体が持つかどうか」

幸い実家住まいの子供3人は社会に出ており、家族5馬力で生活レベルは維持できているという。「動けるうちは今の仕事を続けたい」と気丈に振る舞う山口さんだが、最後に「あの時我慢していれば……」とぽつりと呟いた。

(日刊SPA!)

スポンサードリンク

【PR】

-リストラの現実, リストラの厳しすぎる現実
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2019 All Rights Reserved.