再就職 再就職・独立(起業)

入社前に社風はわかる? 面接前に見るべきポイント(教えて!gooウォッチ)

◆転職・再就職する際、新たな転職先の社風や雰囲気を事前に確認するノウハウのレポートです。色々アプローチ方法はありますがいずれにしても事前の十分なリサーチが必要ということになります。

一社に勤め上げて職業生活を終える、という時代ではなくなったといわれる。転職市場の活況や、あるいは企業のリストラ、はたまた「働き方改革」による変化……今では複数の会社で働いた経験を持つ人は珍しくない。そんな転職・転社が当たり前の時代、どうすれば、希望に近い環境や仕事に出会えるのだろう?

「教えて!goo」で「現在勤めている会社を、社風があまりにも合わなかった為、退職する事になっています」と相談を寄せる転職志望者もそのひとり。

相談者さんは前職の苦い経験から「面接の時に社風や雰囲気を探る方法はあるでしょうか?」と尋ねる。働きやすさや人間関係の細部までは見えないとは知りつつも、なるべくなら入社前に情報を得たいという意図がある。具体的なアドバイスが寄せられていたので紹介していこう。

■働く人より辞めていく人に注目する

「離職率を調べれば目安になります。面接でも人事は会社の顔なのである程度わかると思います」(ささこうさん)

『会社四季報』などでも公開されている離職率はひとつの指標になる。採用した人数を大きく発表する企業もあるが、その分、離職率も高ければ「何か」がある。発表されていないようなら直接聞いてみる手もあるが、インターネットなどでの「体験談」で推測するか、身近な知り合いがいれば率直に訪ねてみるのもいいだろう。

■まずはサービスを利用する側として関わってみる

「お客として探ったときと社員の方の雰囲気もまあまあ合致していました」(hussunさん)

接客業やサービス業であれば、実際に何度か利用し、よく観察するのも有効な手だ。hussunさんはその上で面接時に「普段の社員の方の大体の業務と、繁忙期のスケジュールはどのような感じか」といった具体的な質問を投げかけたという。

■会社前で張り込みする!

「退社時間に会社から出てくる人を観察する方法もあります」(karakara2016さん)

karakara2016さんのアドバイスはまるで探偵のように振る舞う方法。「定時に退社する人が少なければ残業が常態化している」「俯いている人が多いなら仕事のプレッシャーが強い?」など、人々の姿をよく見ることで想像を働かせるのだ。入社前に職場見学ができるならそれに越したことはないが、なかなか難しいだろう。そこで、誰でも見られる会社に一番近いスポットして、退社時の玄関を観察するのは賢いといえそうだ。

寄せられたアドバイスに共通するのは「自分が働いている姿をリアルに想像するための材料集めが必要」ということ。データだけに頼らず、自らの体感も掛け合わせて探りたいところだ。他にも有効な手段はあるだうか? みなさんが実際に試したものなど、ぜひ聞いてみたい。

(教えて!gooウォッチ)


併せて読みたい

[blogcard url=”https://risutora-info.com/archives/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%83%BB%E5%86%8D%E5%B0%B1%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%AF%94%E8%BC%83.html″]


スポンサードリンク

【PR】人気の口コミ転職サイト

優良な求人と豊富なサービスで定評のあるおすすめの転職サイト

リクナビNEXT

【就活サイトでも人気の「実績No1」求人/転職サイト】

株式会社リクルートキャリアが運営する業界No1の転職サイトです。実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。リクナビNEXTだけの限定求人が約85%と圧倒的な求人数を誇り、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

「グッドポイント診断」(リクナビNEXT会員限定の無料サービス)を使えば、自分の強みを判定して自己分析に活用することができます。リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した約30分でできる本格診断サービスです。

>>グッドポイント診断を受けてみる

スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます!職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側から直接のオファー(アプローチ)を受けることが可能です。今は未だ転職意向が低いユーザーでも自分の可能性を広げる機会として活用することが可能です。

doda

【転職サイトとエージェントサイトが一体化したサービスが人気】

dodaは求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方は「doda求人情報サービス」で、1人での転職活動は不安を感じるという方はdodaの専門スタッフが希望や適性に合った求人の紹介や転職活動のサポートを行う「dodaエージェントサービス」で、あまり転職活動の時間が取れないという方は登録者に興味を持った企業から直接オファーが届く「スカウトサービス」を活用して、それぞれ自分に合った求人を見つけることができます。

年収査定ツール(doda会員限定の無料サービス)を利用すれば、「186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出された自分の適正年収をわずか3分ほどで知ることができます。年収について「今の年収が、自分のキャリアの価値に見合っているか不安」「これから先の年収推移が気になる」「転職を前に、自分の市場価値を知っておきたい」といった考えを持った方に好評のサービスです。

転職フェアや合同説明会などの無料イベントが多数開催されているので、企業担当者に直接会えるほか面接対策などの転職ノウハウやキャリアアップのヒントなどのセミナーで「転職成功のポイント」を学ぶことができます。

はたらいく

【地元・地域密着型のリクルートグループ 求人・転職サービス】

はたいくでは、無料会員登録すると 「らいくサービス」が利用できます。 自分らしさ」や「ひとがら」をアピールできる「らいくレジュメ」を登録して、気になる会社に「らいく」を送って自分をアピールしたり逆に企業からも転職者へ「らいく」が届くので「ひとがら」が見える双方向コミュニケーションが生まれます。このように従来の履歴書や職務経歴書以外の情報で転職者と企業の間で「らいく」(好意・興味)を伝え合うことができるので、自分らしく働ける「ひとがら転職」の可能性が広がるサービスです。

『らいくサービス』について動画で詳しく紹介!!

おすすめ記事

1

令和の時代に入り、大企業を中心に「バブル世代切り」のリストラが一気に加速しはじめる 令和の時代に入って従来の「業績不振によるリストラ」に加えて業績堅調な企業が人員構成を修正するなどの理由で将来を見越し ...

2

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 転職エージェントのメリットとデメリット メリット 求人情 ...

3

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 オンライン資格講座一覧 スクール名主な開講講座特徴 スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル ...

4

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

5

「早期希望退職制度(リストラ)」による割増退職金の相場一覧(2012年度~2019年度現在) 【2012年度】 ●シャープ 希望退職者:2960人/特別損失:253億円 →約855万円/人 ●ルネサス ...

6

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由を解説します。 ある日突然やってくるリストラ 現在では「リストラ」は常態化され ...

-再就職, 再就職・独立(起業)
-, , , , , , , , ,

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2020 All Rights Reserved.