注目の記事 PICK UP!

再就職を成功に導く10の心得と戦略

【再就職を成功に導く10の心得と戦略】

1.まずは支出を把握する
(自分の家計はいくら必要なのかを把握すること。)

2.五年ごとに3回の転職を覚悟する
(終身雇用制度が崩壊した今、再就職先で定年まで働ける保証はどこにもない。)

3.四十五歳前後の転職ではできれば「営業職」を目指せ
(中高年の転職で最も高い給料が得られるのは営業職であり求人数も比較的多い。)

4.前職のノウハウを武器にする
(会社の看板ではなく自分の名前で仕事がとれるように。)

5.六十歳前後の転職は「サービス・接客業」が狙い目
(接客業なら体力的にも負担がなく、これまでの人生経験が活かせる。)

6.業界研究を怠るな
(大事なのはこれから自分が十分に生活できるだけの所得を確保できるかということ。そのためには成長余地のある業種を目指すべき。)

7.人間関係の棚卸し
(大事なことはビジネス・プライベートの別は問わず、目先の損得勘定だけで付き合ってきた人とそうでない人をきっちり分けること。具体的には「ちょっと会いたいのですが」と連絡して理由も聞かずに会ってくれる人があなたにとってのキーパーソンになり損得勘定抜きで付き合える人であることが多い。)

8.求職用の名刺を作れば可能性が拡がる
(周りの人に自分を知ってもらえば再就職も有利に進められるのであえて求職用名刺を作り持ち歩く)

9.職探しでは人脈がモノを言う
(自分のことをよく知っている人脈を作っておき、「自分が何をやりたいのか」・「何ができるのか」を伝えておく。タイミングが合えば思い切って同窓会に出席するのも良いきっかけになることがある。)

10.再就職活動はとにかくポジティブ思考で
(悲壮な顔をして再就職活動をしても誰も同情してくれない。「何でもできます」・「これまでの仕事を卒業して心機一転、新しい分野で一旗あげるつもりです」というくらいのポジティブな気持ちが再就職活動を成功させる必要条件になる。)

↓オリジナル名刺作成サイト↓






(週刊東洋経済2012.11.7号の特集を基に作成)


併せて読みたい


関連記事

  1. 転職・再就職での3つの心構え

  2. 入社前に社風はわかる? 面接前に見るべきポイント(教えて!gooウォッチ)

  3. 森下仁丹、“第四新卒”中高年を採用 愉快な出世レース(デイリー新潮)

  4. 再就職・転職活動で活用すべき「5つの求人情報ルート」

  5. 40代から使える「ハローワーク」活用術(プレジデントオンライン)

  6. 40代からの転職活動を成功させるための6か条

  7. 転職・再就職サービス会社比較

  8. 50代からの転職「すぐ決まる人、決まらない人」(プレジデントオンライン)

  9. 「会社の辞め方」で分かる活躍する人材の条件(プレジデントオンライン)

スポンサーリンク

amazon

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

楽天市場

くまポン

PAGE TOP