再就職 再就職・独立(起業)

再就職・転職活動で活用すべき「5つの求人情報ルート」

【再就職・転職活動で活用すべき5つの求人情報ルート】

①紙媒体情報(新聞・折り込みチラシ・求人情報誌)
新聞の求人広告」の掲載は日曜・月曜が多いです。大手企業から中小企業まで最新の情報が掲載されます。「折り込みチラシ」は自宅近くの勤務地企業を希望する場合は特に効果的です。「求人情報誌」は書店や売店の店頭、駅構内などで入手が可能。自宅近くの勤務先とパート・アルバイトの求人が多めです。

②インターネット
転職情報サイトなど。インターネット経由で全国の多くの求人情報を効率よく収集でき、希望条件で検索後、多くはサイトからも応募できます。
(関連リンク先→転職情報をお探しならシゴト.in国内の大手転職サイトとハローワークの求人案件を一括検索

③ハローワーク
求人の情報量が多く。地元をはじめ全国の情報が入手できます。ネットワーク化によりパソコン検索も可能。窓口でアドバイスや紹介を受けることができるほか、ハローワークの求人を自宅で簡単にネット検索もできます。
(関連リンク先→ハローワークインターネットサービス

④人材紹介会社
民間の人材あっせん機関。求人企業側の情報が豊富であっせん無料。希望職務を登録後、該当案件があれば紹介され、書類選考や面接の手続きを代行して進めてくれる。再就職活動を成功させるためには第三者からのアドバイスを受けることは非常に効果的ですが、人材紹介会社ではたいていキャリアカウンセラーのサポートを受けることができますので再就職・転職の可能性が拡がります。
(関連リンク先→パソナキャリア

⑤人脈
会社を辞めてから3か月以内に再就職が決まった人の約四人に一人は友人・知人の紹介がきかっけというデータもあります。友人・知人・親戚・取引先・先輩後輩・元同僚など。企業に信頼を与えて検討してもらえるため、人脈の活用は非常に有効な手段となります。
(関連リンク先→ビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」

◆挨拶回り時のポイント
・挨拶回りは退職したらすぐに実行すること。
・前向きな言葉、姿勢で接すること。
・ときにはプライドをかなぐり捨てて紹介してもらうくらいの覚悟が必要。

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-再就職, 再就職・独立(起業)
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術