「追い出し部屋」で40代女性が見た異様な光景(東洋経済オンライン)

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●会社のリストラ対策によって「追い出し部屋に追いやられた被害者同士がお互いを攻撃しあう」理由を分析した記事です。 ●通常人は被害者意識が強くなったときに加害者とみなした相手に怒りを覚えて攻撃的になりますが、「加害者があいまい」な場合は全く関係のない第三者に対して自分の受けた被害の憂さ晴らしをするかのように攻撃を加えることがあるとのことです。 ●記事内では「追い出し部屋」に異動させられた百貨店勤務の女性社員の話が紹介され、そこでこ ...

ReadMore

リストラの現実その8~早期退職した50代、一流企業出身でも再就職先が決まらない現実(日刊SPA!)~

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●転落した50代のリアルから、社会人後半戦の教訓を学び取ることを目的とした記事です。 ●管理職の重圧から逃げるように50歳で早期退職に応募の末、再就職先は警備員(一流メーカー課長代理 年収850万円⇒警備会社 年収300万円)となってしまった男性の話が紹介されています。 年功序列が崩壊したといわれるが、いまだに年齢階層別平均賃金では50代がピーク。しかし、リストラ、転職失敗、介護など、一度道を踏み外せば、いとも簡単に年収300万 ...

ReadMore

リストラの現実その7~AIに仕事を奪われ、リストラされた銀行員「絶望しかない」(日刊SPA!)~

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●超低金利に伴う収益悪化やAIによる人員効率化などにより、三菱UFJFGは1万人規模の人員削減をこの先10年で行うことを発表。みずほFG、三井住友FG大規模な人員削減(リストラ)が実施されようとしています。 ●勤めていた融資審査部門にAIが導入されて某大手銀行をリストラされた男性(38歳)の話が紹介されています。 ●男性は必死の転職活動の末、食品系の会社で給与計算・管理を担当する業務に就くことができましたが、年収は年収700万円 ...

ReadMore

早期退職は損か?得か?割り増し退職金はいくら(オールアバウト)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●「早期退職」及び「割増退職金」についてまとめられたニュースです。 ≪要旨ポイント≫ ・早期退職には2種類ある…「選択定年制」と「早期希望退職制度」 ・選択定年制… ①従業員の世代間の人員バランスの均衡や定年前に転職や独立を考える従業員の支援などを目的として、人数を限定することなく随時募集する退職制度のひとつ(常設された人事制度)。 ②優遇措置には、 退職一時金の優遇(支給率を加算して定年退職扱いにする、実勤務年数に定年までの年 ...

ReadMore

「クビになる」ことは「離婚」や「パートナーとの死別」よりも深い心の傷を作る(GIGAZINE)

●「解雇」(クビになる)されたときは「離婚」や「パートナーとの死別」よりもより深く心の傷を作り、その傷は年月を経ても完全には回復しないという驚きの調査結果を報じたものです。この結果は「仕事」(=働くこと、社会的地位を得ること、社会に貢献すること)が人生において大きな意味を持つことを意味していると考えられます。 [s_ad] つい先日、FBI長官がドナルド・トランプ大統領にクビを宣告されましたが、横暴な上司によるクビキリはいつの時代のどこの世界でもあるものです。しかし「お前はクビだ!」と言い渡された人が負う ...

ReadMore

リストラの現実その6「リーマンショックによるリストラで日雇労働へ…」

都内の私大を卒業し、鉄道関連の工事会社に入社したNさん(42歳)。7年間勤務した後、30歳で鉄道の信号などを製造する大手企業に転職を果たす。だが、年収500万円を超え順風満帆かに見えた並木さんの人生は、33歳のとき、突然狂い始める。 「ある日突然部長に呼び出されて、『申し訳ないが来月いっぱいでお願いしたい』と。リーマンショックの影響によるリストラでした。若手だったし、まさか自分がクビになるとは思っていなかったので参りましたよ」 その後は失業保険とアルバイトで食いつなぎ再就職先を探したものの、リーマン直後と ...

ReadMore

リストラの現実その5「リストラ、またリストラ…」

「リストラ、リストラ、リストラ…。結局3回もリストラされました」と語るのは元大手総合電機メーカーの管理職だったCさん(当時55歳)。 Cさんは大学卒業後、大手総合電機メーカーに入社し40代後半には管理職に昇進するが業績不振のあおりを受けリストラ対象に。会社をリストラされたのは47歳の時でした。当時の私は空調システム部の課長に昇進したばかりでこれから頑張らなければと思っていた矢先でした。もう目の前が真っ暗になった。仕事で大きなミスを犯したことなんてなかったし、会社に対して不平不満を言ったこともありません。そ ...

ReadMore

シャープ、東芝……希望退職の「割増金」はいくらが相場か(プレジデントオンライン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●リストラ・早期退職制度を実施した大手企業(シャープ、東芝)の割増退職金額を報じたニュースです。一般的にリストラが継続される場合は、割増分については減額されていく(※後の方が割増分が有利になると「待とう」という心理が働き、希望退職者が激減するため)と言われていますがどうやら事実の様です。 [s_ad] ■退職一時金はなくなる可能性も 退職金の額は企業規模で異なる。大企業の退職金の平均額は大学卒・総合職の60歳で約2358万円(経 ...

ReadMore

東芝、シャープ…他 経営難企業の退職金は意外と悪くない(NEWS ポストセブン)

最近報道された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ●経営難からリストラ・早期退職制度を実施した大手企業の退職金額を報じたニュースです。 [s_ad]  サラリーマンの老後の生活を支える「退職金」。かつては年功賃金・終身雇用を前提に整備されていたが、それが今、激変の最中にある。年功よりも実質的な会社への貢献度を評価する「ポイント制」の導入や、確定拠出型年金への一本化などにより、人事評価も退職金額に直結するシビアな時代となった。  その一方、経営難の企業で退職金が高くなることもある ...

ReadMore

リストラの現実その4「早期退職した結果、家を手放す羽目に…」

3年前に勤務していた印刷会社の業績が悪化、一旦早期退職した形で契約社員になったというAさん。 「事実上のリストラですね。仮に定年まで残っても退職金の額は変わらない、ヘタすれば減るかもしれないと言われたんです。雇用条件の悪い下請けに飛ばされた同僚もいました。勤務先はいわゆる同族企業だったので、コネのない自分に出世は見込めませんでしたから賢い選択かなと」 退職時の肩書は課長だったが、半年前に昇進したばかりだった。「後で『課長以下の人間はリストラの対象としない』と聞いて、もしかしたら最初からリストラ要員だったの ...

ReadMore

リストラとは?

リストラとは、正式には「リストラクチャリング」といい企業が環境の変化に柔軟に対応をし、事業を効果的に再構築することをいいます。

コア事業・成長分野に対して経営資源の集中投資を行い、収益増加の為に経営改革を実行したり、事業展開の再編成を通じて組織の活性化を図ったりして、経営効率を高めていきます。また、収益の良くない事業を縮小、売却、分社化などで再編し、人員や有利子負債を縮小していきます。

しかし、収益建て直しのための合理化策だけがリストラクチャリングと呼ぶわけではなく、成長部門や新規部門などの強化、人材の育成・従業員のモチベーション向上をすることもリストラクチャリングの1つです。

このサイトでは主に「会社を解雇されたり減給にされたりする」方の意味のリストラに関する情報を紹介しています。

このリストラには更に2パターンあり、

  • 給料・ボーナスまたは退職金などの賃金カットや正社員から委託社員やパートなどに格下げされる「労働条件」がらみのリストラ
  • 希望退職者を募集したり子会社や関連会社に転勤させられたりする「人数削減」のリストラ

の2パターンがあります。

主な上場企業の希望・早期退職者募集状況推移

以前は、2000年代初頭の「ITバブル崩壊」や2008年「リーマンショック」、2011年「東日本大震災」など、リストラの増加は日本景気全体の落ち込みによる企業業績悪化が主たる原因でしたが、令和の時代に入り業績回復を目的とした従来の「経営再建型」のリストラに加えて、AI(人工知能)・ロボットなど労働力代替テクノロジーの進歩やバブル世代を中心とした人員構成の見直しなどに起因する「先行実施型」リストラが増えてきており、再びリストラの人数は増加傾向になっています。

(東京商工リサーチ調べ)

日本企業を取り巻く経営環境とリストラ状況

近年の世界的な政局不安を始め、英国のEU(欧州連合)離脱問題、中国経済の減速、為替の急速な変動、さらにはますます拡大する国際テロの脅威やここ最近では朝鮮半島有事の可能性など様々な要因からグローバル経済は不透明でハイリスクな環境となり、その結果日本企業は常に熾烈な国際競争の波にさらされています。

この競争に打ち勝つためには厳しい経営効率化が求められ、余剰人員を雇い続ける余裕が無くなったことからいわゆる「リストラ」は常態化され、かつての「定年」と同じビジネスパーソンの宿命といえる時代となっています。

また最近では、安泰と思われた名門企業・大企業が不祥事などを起こして一気に業績不振に陥ってしまい業績回復のため経営再建計画の一環として「リストラ」に打って出るケースに加えて、業績堅調な企業でも人員構成を修正するなどの理由で将来を見越して実施する「先行実施型リストラ」も散見され始めました。

更にはAI(人工知能)の急速な進化により「10~20年後には、日本の労働人口の約半分の仕事がAI(人工知能)やロボットで代替可能になる」、「フィンテック・AI(人工知能)により金融業界で大失職時代(リストラ)がやってくる」などが頻繁にメディアで報じられ始めています。

このように「リストラ」は言うまでもなく「希望退職制度・早期退職制度」「40歳定年時代」「年功序列制度破綻」などの言葉も普通に見聞きする昨今、逃げ切り世代などもはや存在しません。

リストラ」は人ごとではなくビジネスパーソンならば、誰もが「明日は我が身」となっているのです。

このサイトではこの様な時代を生き残っていくためにリストラ関連情報を中心に再就職・転職、英会話学習・資格取得、独立・起業、マネーなど中高年をはじめ中堅・若手社員全てのビジネスパーソンの方へ役立つ情報を発信していきます。

優良な求人と豊富なサービスで定評のあるおすすめの転職サイト

リクナビNEXT

【就活サイトでも人気の「実績No1」求人/転職サイト】

株式会社リクルートキャリアが運営する業界No1の転職サイトです。実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。リクナビNEXTだけの限定求人が約85%と圧倒的な求人数を誇り、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

「グッドポイント診断」(リクナビNEXT会員限定の無料サービス)を使えば、自分の強みを判定して自己分析に活用することができます。リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した約30分でできる本格診断サービスです。

>>グッドポイント診断を受けてみる

スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます!職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側から直接のオファー(アプローチ)を受けることが可能です。今は未だ転職意向が低いユーザーでも自分の可能性を広げる機会として活用することが可能です。

doda

【転職サイトとエージェントサイトが一体化したサービスが人気】

dodaは求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方は「doda求人情報サービス」で、1人での転職活動は不安を感じるという方はdodaの専門スタッフが希望や適性に合った求人の紹介や転職活動のサポートを行う「dodaエージェントサービス」で、あまり転職活動の時間が取れないという方は登録者に興味を持った企業から直接オファーが届く「スカウトサービス」を活用して、それぞれ自分に合った求人を見つけることができます。

年収査定ツール(doda会員限定の無料サービス)を利用すれば、「186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出された自分の適正年収をわずか3分ほどで知ることができます。年収について「今の年収が、自分のキャリアの価値に見合っているか不安」「これから先の年収推移が気になる」「転職を前に、自分の市場価値を知っておきたい」といった考えを持った方に好評のサービスです。

転職フェアや合同説明会などの無料イベントが多数開催されているので、企業担当者に直接会えるほか面接対策などの転職ノウハウやキャリアアップのヒントなどのセミナーで「転職成功のポイント」を学ぶことができます。

はたらいく

【地元・地域密着型のリクルートグループ 求人・転職サービス】

はたいくでは、無料会員登録すると 「らいくサービス」が利用できます。 自分らしさ」や「ひとがら」をアピールできる「らいくレジュメ」を登録して、気になる会社に「らいく」を送って自分をアピールしたり逆に企業からも転職者へ「らいく」が届くので「ひとがら」が見える双方向コミュニケーションが生まれます。このように従来の履歴書や職務経歴書以外の情報で転職者と企業の間で「らいく」(好意・興味)を伝え合うことができるので、自分らしく働ける「ひとがら転職」の可能性が広がるサービスです。

『らいくサービス』について動画で詳しく紹介!!

おすすめ記事

1

令和の時代に入り、大企業を中心に「バブル世代切り」のリストラが一気に加速しはじめる 令和の時代に入って従来の「業績不振によるリストラ」に加えて業績堅調な企業が人員構成を修正するなどの理由で将来を見越し ...

2

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 転職エージェントのメリットとデメリット メリット 求人情 ...

3

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 オンライン資格講座一覧 スクール名主な開講講座特徴 スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル ...

4

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

5

「早期希望退職制度(リストラ)」による割増退職金の相場一覧(2012年度~2019年度現在) 【2012年度】 ●シャープ 希望退職者:2960人/特別損失:253億円 →約855万円/人 ●ルネサス ...

6

リストラに備えて転職を考えている方は今すぐに転職する気が無くても「転職サイト」への登録だけは早めにしておいたほうがいい理由を解説します。 ある日突然やってくるリストラ 現在では「リストラ」は常態化され ...

Copyright© ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術 , 2020 All Rights Reserved.