リストラNEWS リストラ防衛術 リストラ状況・情報

「コロナ不況によるリストラ」関連記事まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大が雇用に与える影響について

新型コロナウイルスの感染拡大が徐々に雇用にも重大な影響を及ぼし始めています。

当初はインバウンド(訪日客)需要の恩恵を受けていた飲食業界や観光業界などで、アルバイトなどの非正規雇用者が解雇されはじめたものの影響は限定的でした。

ところが新型コロナウイルス対策が長期化するにつれて事態は深刻なものとなり、ついには「コロナ倒産」してしまう企業まで出始めました。

しかし4月時点で収束の気配が未だ見えない以上、コロナ不況は現実味を帯びてきています。

今後、経済危機がさらに拡大して壊滅的な大不況となれば、幅広い業界でコロナショックを理由にしたリストラが吹き荒れることは避けられない状況となるでしょう。

この記事では今後予想される「コロナ不況によるリストラ」対策の参考となる記事をまとめてみました。

今回のこの未曽有の事態が日本企業に与える影響は計り知れないものがあり、既に2008年の「リーマンショック」を超える可能性があるともいわれています。

このような状況を乗り切るために早めに対策を立てて準備を始めることがなによりも必要となっています。

「コロナ不況によるリストラ」関連記事まとめ

●コロナ不況のなかでもリストラされずに必要とされる人材となるための特徴について、などが記述されています。

(前略)

「雇われる側」がコロナ不況で負けない方策

こうした収束の見通しがなかなか立たない中での大幅なリストラ、訪日外国人観光客によるインバウンドの減少、各種イベントの中止が広がったことで、現在少なくとも3兆円近い“コロナ不況”が想定されています。そんなときに、雇われる側として必要とされる人材になるためにはどのような特徴を備えていればよいのでしょうか。

それは「専門性を高める」「マネジメントができる」「ファミリーと認識される」の3つに収斂しゅうれんされます。

(以下省略)

≫未曾有の"コロナ大不況"突入で「あなたはリストラされる」(PRESIDENT Online)

●リモートワークが広まったことによって、在宅勤務で「部下をマネージできない管理職」・「自己管理のできない社員」が、コロナ不況でリストラ(もしくは降格・降給)の対象となるであろう、などが記述されています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、リモートワークに踏み切る企業が増えている。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「在宅勤務は部下をマネージできない管理職と自己管理のできない社員をあぶりだす。そういう人は“コロナ不況”でリストラや降格・降給の対象になるだろう」という――。

(以下省略)

≫「コロナ不況」で真っ先にリストラされる人の条件(PRESIDENT Online)

●コロナ失業によるリストラ、採用取り消し、派遣切りなどの現状について記述されています。

新型コロナウイルス危機で、世の中は自粛ムード。サービス業を中心に企業の業績が悪化し、リストラや内定取り消しなどの相談も数多く寄せられている。日本はいつ、この泥沼から抜け出せるのだろうか!?

コロナショックが直撃。非正規労働者に被害が集中

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で高まったのは、自粛ムードだけではない。明日の暮らしをも脅かす“コロナ失業”の波がジワジワと押し寄せてきているのだ。

「コロナウイルスのおかげでワタクシ無職になりました」

「俺みたいなヤツめっちゃ増えるぞ。日本大丈夫か?」

(以下省略)

≫すでに始まったコロナ失業! 今後、リストラ、採用取り消し、派遣切り増加に注意。政府は対策を(ハーバー・ビジネス・オンライン)

●コロナ失職の現状と中高年をターゲットとしたリストラの可能性について記述されています。

各業界に吹き荒れるコロナ禍。停滞する日本経済や企業活動への損失は計り知れないが、解雇や契約解除などで職を失った人はすでに続出している。今後間違いなく増える“コロナ失職”の深刻な現状に迫った!

本当の危機はこれから! 体力の弱い企業から中高年リストラが横行する

(以下省略)

≫“コロナ失職”の深刻な現状。大企業もボーナス削減、リストラ…“コロナ失職”の深刻な現状。大企業もボーナス削減、リストラ…(日刊SPA!)

●新型コロナの影響による労働トラブル全般への具体的な対処方法について記述されています。

新型コロナが雇用に与える影響

新型コロナウイルス感染症の問題が、雇用に大きな影響を与えています。

当初は、一斉休校などで直接的な影響を受けた学校職場などでの仕事を外された非正規教員等のケースや、休校となった子どもの世話をするため仕事を休めないといった相談が中心でした。

ですが、現在はそのような相談類型にとどまらず、幅広い業界でコロナショックを理由にしたリストラなどの相談が増えています。

対象も、こういった経済状況に置いて真っ先にリストラ対象となる、フリーランスや派遣・契約社員などの非正規労働者だけでなく、正社員にも及んできています。

新型コロナにより生じている労働問題は、大きく分類すると、休業補償の問題、職場の感染対策など労働安全衛生の問題、新型コロナによる対応での長時間労働の問題(一部製造業、医療現場など)などがあります。

今回は雇用自体が打ち切られる、リストラのケース(正社員の例)を中心にして、新型コロナの影響による労働トラブル全般への具体的な対処方法を取り上げます(末尾注1:非正規労働者の場合)。

(以下省略)

≫新型コロナによるリストラは泣き寝入りもやむなし?~労働者が取り得る選択肢とは~(Yahoo!ニュース)

【関連記事】

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

先行きの見えない時代にビジネスパーソンを守ってくれる資格 スクール名主な開講講座特徴 ≫スタディング 法律系資格、会計系資格、ビジネス・実務系資格、不動産向け資格、ビジネススキル系講座、IT系講座ビジ ...

5

転職エージェント解説 転職エージェントはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がついて転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。 主な転職エージェントサービス 転職エージェント名特徴 【 ...

-リストラNEWS, リストラ防衛術, リストラ状況・情報
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術