リストラの現実 リストラの厳しすぎる現実

リストラの現実その3「一流商社経理マンの誤算」

大手総合商社に入社し財務部門で働いていたB氏(58歳)が、希望退職募集に応募し会社を辞めたのは1999年、46歳の時だった。

一流商社の経理マンと言う経歴に自信を持っていたうえ、40代半ばだったこともあり、転職先には事欠かないと考えていた。
ところが約1年間ほど転職支援会社や公共職業安定所に通ったが、転職先は見つからない。ようやく零細不動産会社へ入社したものの2年で解雇されてからは中年フリーターへ転落。

アルバイトで生計を立てる日々が続き、やがて消費者金融で借金を重ねるようになった。ついには借金が1000万円以上に膨らみ自宅を売却、妻とも離婚し家庭崩壊の道をたどるハメに。

その後兄弟のところを転々としていたがいつまでも迷惑はかけられないと思いホームレスとなり、公園で寝泊りしながら雑誌拾いで一日1000円を稼いでなんとか生き延びている状況。

(「今日、ホームレスになった」増田明利著・彩図社より抜粋)

企業情報を詳しくチェックしたい方は…


≫転職会議
口コミ転職サイトを利用すると、実際に働いていた元社員や社員の「会社に対する評価」や「年収」を始めとして、「退職理由」や「退職金」に関する情報などリアルな生の声を口コミとして見ることができます

おすすめ記事

1

TOEIC学習の重要性について TOEICは、英語力を測るモノサシとして高く評価されています。 なぜならこれに代わるモノサシが見当たらないからです。 英検は「学校英語」というレッテルを覆そうとしていま ...

2

◆お金にまつわる疑問や悩みを解りやすく解決する記事で定評のあるサイト、ファイナンシャルフィールドで掲載された「ハイブリッドライフ(複数の収入源を持つ生活)」に関する記事紹介です。 記事では、SBI生命 ...

3

◆2019年4月に掲載されたシニア人材の転職に関する記事です。 建築エンジニアや財務・経営企画などの職種で人材不足を背景とした50代即戦力人材の転職成約が急増していることを報じています。 50代の転職 ...

4

◆新型コロナウイルス前後にあたる2019年後半から2020年初頭にかけては、各業界で大手を中心に「事業の新規展開に伴う既存事業」や「人員の見直しに着手する企業」が増加して、いわゆる「黒字リストラ」が実 ...

5

最近発信された各種報道の中からリストラ関連NEWSをピックアップしています。 ◆人事関係者100人に聞いた「使えない中年社員の特徴」(=リストラ予備軍)についてのレポートです。 ・最も多かった「リスト ...

-リストラの現実, リストラの厳しすぎる現実
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

© 2020 ビジネスパーソンのための大リストラ時代生き残り術